『リコカツ』セット3D撮影の裏側と魅力を大公開!

リコカツ 咲と光一のお部屋 リビング
SPECIAL

4/16(金)10時放送開始のTBSドラマ『リコカツ』で、主人公の咲と紘一が暮らすリノベーション住宅。こちらの住まいのリノベーション協力をリノベる。がおこないました。

登場人物の部屋を3D動画で体験したり、リノベーションプランとして住まいづくりできたりする、夢のコラボ企画。本記事では、お部屋の魅力と3D撮影の様子をご紹介。RoomClipとのコラボもあるので、ぜひ最後までお読み下さい!

ステップフロア、飾り棚、壁のインテリアなどのコラージュ

ドラマの美術担当である王怡文さんと、リノベーション協力をした設計士(安江)のこだわりとは?咲と光一のおうちの魅力を徹底解剖します!

※記事内で紹介したインテリア等へのお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。
※舞台美術のため、天井がない部分があります。

リコカツサイトへ TBSサイトへ

ピットリビングでゾーニングした広々空間

アジアンテイストのリビング、リビングソファ

とても抜け感のある空間。ダイニングキッチンが中庭と大きな窓の間に位置しているので、光がまんべんなく降り注ぐ気持ちのいい住まいです。

奥行き感|ピットリビングによるゾーニング

リコカツ舞台セット アジアンテイストのリビング、リビングソファ、籐家具風インテリア

ピットリビング(ダウンフロア)を取り入れることで、リビングとダイニングを緩やかにゾーニング。段差があることで奥行き感が生まれ、より広々と感じられます。

リコカツ舞台セット 木目ピットリビング(ダウンフロア)

抜け感と開放感|光がそそぐダイニングキッチン

リコカツ舞台セット アイランドキッチンと中庭

中庭と大きな窓の間にあるキッチン。一段高い位置から、リビングを見渡せます。中庭側の大きな窓は、外からの人目を気にせずに屋外の開放感が味わえます。

リコカツ舞台セット 大きな窓と中庭のあるダイニング

美術担当のこだわり

中庭とリビングは、私もお気に入りの場所です。床はタイル調でゴールドの目地にし、籐インテリアを配置し、咲のこだわりを表現しました。これから新しい生活が始まるみずみずしさを感じてもらうために、部屋のどこからでも目に入るよう、中庭を中央に配置しています。

リコカツ舞台セット ガラス越しの中庭とカウンターキッチン

設計士のワンポイント解説

キッチンに立つと、舞台の上にいるような解放感が感じられます。キッチン天井に配したルーバーが、リビングに向かい空間の流れを誘導しています。ダイニングキッチンはリビングと一体となった広い空間ですが、床に段差や素材の切り替えがあることで変化が感じられ、場所ごとで異なる趣が楽しめます。

リコカツ舞台セット アジアンテイストのリビング

抜け感といえばもう一つ。玄関からリビングへの廊下です。廊下沿いの壁がすっきりしているので奥のリビングが見通せて、非常に明るく抜け感を楽しめます。

リコカツ舞台セット 玄関からリビングへ抜ける廊下

一体感|寝室のドアを開け放ってワンルームに

リコカツ舞台セット ベッドルームとワークスペース

寝室のドアを開け放つと、LDKとの一体感が生まれます。寝室までを大きなワンルームの感覚で使うと、より広々です。

多国籍感のあるモダンなリゾート空間

咲のこだわったリノベーションのコンセプトは、自由で縛られない多国籍感のある、アジアンテイストなモダンリゾート空間。随所に散りばめられたこだわりは、日常をリゾートステイに変えてくれます。

※記事内で紹介したインテリア等へのお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。
※舞台美術のため、天井がない部分があります。

リコカツ舞台セット リビングにあるシェードランプ、飾り棚、コンソールテーブル

屋外感|自然な素材をチョイス

リコカツ舞台セット ダイニングテーブル、チェア、ルーバーのクローゼット扉

アジアンリゾートと言えば、外とのつながりが感じられる、石や木の自然な素材感。咲と紘一の住まいにも、少し濃い色の木のパネルやルーバー扉など、暖かいリゾート特有の素材感がふんだんに取り入れられています。

床は外部感のあるタイルを。ゴールドの目地が、アジアンな雰囲気を感じさせます。

リコカツ舞台セット グレータイルにゴールド目地のリビングフロア

ラタン調の家具を中心とすることで南国のリゾート感を感じさせつつ、素材感に多様性を与えています。引っ越し直後の紘一の部屋は段ボールだらけですが、ナチュラルな雰囲気の窓の木枠とチェアがマッチしていておしゃれです。

リコカツ舞台セット ラタン調のチェアとスツール

美術担当のこだわり

シンプルで清潔感のある、おしゃれな部屋にしたかったので、木の素材感とインテリアのバランスにこだわりました。撮影がしやすいセットとして成立させる必要があるので、監督やカメラマン、照明など、多くのスタッフさんと綿密な打ち合わせをし、やっと完成したセットです。

リコカツ舞台セット ステップに置かれたグリーン

設計士のワンポイント解説

金色をうまく取り入れるとタイなどのアジアンな雰囲気が出やすいです。テレビ横の装飾や床の目地など、ちょっとしたアクセントに金色を使ってアジアンな雰囲気を上手く演出しています。

リコカツ舞台セット 木目調の窓枠、天井のルーバー、ゴールドの装飾品

エキゾチック感|インテリアの数々で演出

リコカツ舞台セット リビングのガラステーブルとトルコ調のカーペット

多国籍なテイストを取り入れ、異国情緒が感じられるのも、この住まいの特徴。ファブリック類もそのひとつ。リビングと寝室を彩る個性的な柄のカーペット。最近では、トルコ風がトレンドなのだとか。

リコカツ舞台セット アジアンテイストな柄のカーペット、ラクダ柄のカーペット

美術担当のこだわり

リノベーションについて、当初はハードルが高いと感じていました。今回、リノベるとのコラボを通して、自分らしく暮らしたい気持ちがあれば、誰でも取り入れられるものだと知り、イメージが変わりました。自身でリノベーションするなら、キッチンの天井のルーバーを取り入れたいと思いました。

設計士のワンポイント解説

ファブリックを含め、柄物には民族色が現れるので、多国籍な雰囲気が出やすくなります。キッチンの壁に使用しているタイルも独特の柄ですが、多国籍な空間に非常にマッチしていて、空間のアクセントとして効いています。

リコカツ舞台セット アジアンテイストなキッチン壁のタイル

\期間限定/
特別コラボイベント開催決定!予約はお早めに!!
「リコカツからはじめるリノカツ講座」
ご予約はこちらから >>

見えない部分にまでこだわり尽くしたセット

リコカツ舞台セット カウンターキッチン、カーテン越しのベランダ、植栽

ドラマの中では細かいところまで写らないのですが、本当に細部までこだわっています。例えば、ベランダ。お部屋のテイストに合わせて、ウッドデッキ調になっています。植栽は撮影がない時でもきちんとお手入れがされているので、青々としています。

リコカツ舞台セット ウッド調デッキ、植栽

玄関のドアも木製で、モザイクタイルがあしらわれた素敵なデザイン。細かいところにまで、こだわりがあります。

リコカツ舞台セット モザイクタイルがあしらわれた玄関ドア、床のタイル

リコカツ部屋は、withコロナ時代に適した住まい⁉︎

リコカツ舞台セット ベッドルーム、ワークスペース

咲と紘一の住まいは、実はコロナ禍の生活様式に合っているのかも⁉︎

夫婦でテレワークをする際、お互いの声や気配が気になることもあります。咲と紘一の住まいには個室が二つあり、寝室には咲のワークスペースがあります。これなら、集中できますね。

リコカツ舞台セット アンティークランプが置かれたワークスペース

夜眠るために使う寝室は、日中あまり使用されていないことが多いです。咲のように寝室にワークスペースをつくると、部屋を有効活用できます。

リコカツ舞台セット 真鍮ワイヤーラック、ドライフラワー、写真たて

\期間限定/
特別コラボイベント開催決定!予約はお早めに!!
「リコカツからはじめるリノカツ講座」
ご予約はこちらから >>

咲と紘一の住まいが3D体験できる!

リコカツ舞台セット リビングに置かれた3D撮影カメラ

今回、咲と紘一の住まいを、3Dの動画で体験いただけます。専用のカメラで撮影しますが、撮影風景を少しだけお見せします。

3Dカメラ、女性、リビング

生活動線で人が歩くところを、順番に撮影して行きます。水平垂直で360度がぐるりと撮影されるため、映らない場所に隠れながら、タブレットで遠隔操作します。

ドアの前、女性二人

同じ高さで撮影すると死角ができてしまうので、高さや位置を変えながら撮影します。細部のこだわりまで3D体感してほしいので、丁寧に。

キッチン台に置かれた3Dカメラ

撮影した動画を編集して、咲と紘一のリノベーションした住まいが堪能できる3D動画が完成!ぜひ、特設キャンペーンサイトで体験してみて下さい。

咲と紘一のお部屋を3Dで体験!

リコカツ リノベーションしたお部屋のセットの3D図

※こちらはイメージです


  • 咲と紘一のお部屋を3Dで体験できる
    キャンペーンサイトはこちら。

    リコカツとコラボしたリノベーションプラン「SAKI」も公開中!
    ※バナーをクリックすると特設サイトへ移動します。


  • RoomClipにも「リコカツ」公式アカウント開設!

    インテリア情報を知りたい方はこちらから!
    投稿アイテムはTBSショッピングにて購入可能です。
    ※バナーをクリックするとRoomClipへ移動します。

  • ルームクリップバナー
ワンポイント解説したのはこの人

リノベる。設計担当:安江浩(やすえひろし)

大学卒業後、設計事務所で戸建住宅の設計等を担当。様々な建築家とコラボレーションを経験後、オフィス什器メーカーにてオフィス設計に従事。
2012年リノベる入社後は設計担当として案件を担当し、現在は設計施工部門の管理職として現在に至る。



ピックアップ記事
関連記事一覧