ゴールデンウィークのお出かけに!井の頭自然文化園で動物と触れ合おう

ゴールデンウィークのお出かけに!井の頭自然文化園で動物と触れ合おう

4月に入り、気づけばもうすぐゴールデンウィーク。お出かけ先は、もうお決まりですか?今回ご紹介するのは、お子様連れにおすすめのお出かけスポット「井の頭自然文化園」。繁華街のすぐ近くにあるとは思えないほどの、豊かな自然に囲まれた施設です。動物との触れ合いを楽しめるコーナーや、関東の水辺の生き物について学べる「水生物館」や資料館、ミニ遊園地など、広大な敷地には見どころがたくさん。吉祥寺の自然を肌で感じられる、素敵な休日を過ごしてみませんか。

総勢170種以上!いろいろな動物に会える場所

井の頭自然文化園には、総勢170種類以上もの動物が飼育されています。動物たちが檻に入って展示されているような、一般的な動物園のイメージとは異なり、放し飼いにされた動物たちがのびのびと過ごす様子が観察できるのが特徴です。

放し飼いのリスが自由に駆け回る「リスの小径」

 %ef%bc%92

井の頭文化園の中でも大人気なのが「リスの小径」。何匹もの二ホンリスが放し飼いにされており、くるみを食べている愛くるしい姿や、足元を駆け抜けていく姿を間近で見ることができます。リスたちはとても人なつっこく、こんな風に近くからカメラを向けても、臆することなく美味しそうにお食事を楽しんでいました。

大人も子供も大興奮!「モルモットふれあいコーナー」

親子連れに大人気のモルモットふれあいコーナー。180頭ほどいるモルモットは、色や模様もさまざま。生き物の体温を感じることができる、貴重な空間です。お気に入りのモルモットを見つけて、抱っこしてみてはいかがでしょうか。

【営業時間】10:00~11:30 、13:30~15:00(混雑時は時間制限あり)

武蔵野の自然を感じる「いきもの広場」

130d42c56c5ea38869fd8fd24b4b5596_m

幼虫やオタマジャクシなど、身近な野生の生き物を、観察できる「いきもの広場」。生き物が見つけやすくなるよう、たくさんの仕掛けが施されており、日常では味わえないたくさんの出会いを楽しむことができます。

飼育されている動物を外から見るだけではなく、こんな風に積極的に生き物に見つけられるのも、井の頭自然文化園の魅力のひとつ。この大自然の中で、みずみずしい探求心を育ててみてはいかがでしょうか。

見どころいっぱい!人気の動物たち

ペンギン

%ef%bc%94

陸と水を自由に行き来するペンギンの姿も、至近距離で見ることができます。可愛らしい見た目とは裏腹に、泳ぎはまるで水泳選手!スイスイと泳ぐ姿に、思わず目を奪われます。

ヤギ

yagi

もぐもぐとエサを食べているのはヤギ。白ヤギさんも黒ヤギさんも仲良く一緒にお食事中です。見ているだけで、ゆったりとした気持ちになれます。

アカゲザル

%ef%bc%96

猿山には、たくさんのサルが飼育されています。毛づくろいをしたり、綱渡りをしたり、楽しそうなサルの姿を見ることができるので、見飽きることがありません。オスとメスを見分けるポイントなど、知識を深めることができる立て看板もあるので、お子様の勉強にもよさそうですね。

カピバラ

%ef%bc%97

気持ちよさそうにお昼寝をしているのは、子供たちに人気のカピパラ。モフモフとした毛が愛らしいです。このカピパラ、実は水辺で暮らす生き物で、前足と後足に水かきがあるそうです。生き物の生態を知ってから改めて観察してみると、見方も変わりそうですね。

アカキツネ

%ef%bc%99

鋭い眼をしてカメラ目線をくれたのは、アカキツネ。こんな動物たちのふとした表情を近くで見られるのも、井の頭自然文化園ならではの楽しみです。たくさんの動物たちの瞳の奥、探ってみてはいかがでしょうか。

ヤクシカ

10

仲良く大勢で集まっているのはヤクシカ。楽しそうに何を話し合っているのでしょうか。こうして身を寄せ合って生きる姿をみると、私たち人間と一緒も、みんな同じ生き物なんだと考えされられます。

動物以外も楽しめる、おすすめスポットいろいろ

井の頭自然文化園は、動物園以外にも見どころがたくさんあります。

水生物館

11

300ⅿほど離れた場所に位置する分園には、日本の水辺の生き物を観察できる、淡水の水族館「水生物館」があります。ここでは魚類はもちろん、両生類や水生植物まで幅広く楽しむことができます。魚を触れるコーナーがあったり、写真付きで分かりやすい解説があったりと、興味を引く工夫がたくさん施されています。この日は、井の頭池をテーマにした特設展が開催されていました。

特筆すべきは、珍しい「行動展示」というコーナーがあること。普段はおとなしそうな鳥が、猛スピードで魚を捕まえる姿など、自然界の様子を観察することができます。リアルな食物連鎖の世界を目の当たりにできる、貴重なコーナーです。

ミニ遊園地

12-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

メリーゴーランドやティーカップなどの乗り物がある、レトロなミニ遊園地『スポーツランド』。1枚100円の乗りもの券を購入して楽しめます。

資料館

15-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

園内には、特設展示や絵本コーナーなどがある資料館があります。絵本コーナーは座って読める場所もあるので、お子様が歩き疲れてしまったときの休憩にもぴったりです。興味を持った生物に関する本を読んでみるなど、知識を深めてみるのもいいかもしれません。

休憩スポット

16-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

広大な敷地を活かして、園内の至る所にベンチやテーブルが設置されています。外の空気を吸いながら、遠足気分でお弁当を食べたり、おやつの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

季節の花

18-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

井の頭自然文化園には、たくさんの季節の植物が育てられています。ゴールデンウィークには、フジ、シャクナゲ、ツツジなどが見ごろを迎えるそうです。気になる方は、井の頭自然文化園の公式サイトの「ニュース」から、花ごよみをチェックしてみてくださいね。

吉祥寺の自然に囲まれて、動物たちと触れ合おう。

たくさんの動物や植物と触れ合える「井の頭自然文化園」、いかがでしたか。気温も上がり、外へのお出かけが楽しくなるゴールデンウィークには、ぴったりの施設です。雄大な自然の中で、ご家族やお友達と楽しい時間を過ごし、すっきりリフレッシュしてみませんか。

井の頭自然文化園
【住所】東京都武蔵野市御殿山1-17-6
【開園時間】9:30~17:00(入園および入園券・年間パスポートの発売は16:00まで)
【休園日】月曜(国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、翌日が休園日)、年末年始(12月29日から1月1日)
【公式サイト】http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

自然に癒される「玉川上水緑道」さんぽ【富士見ヶ丘~三鷹】

もうすぐやってくる新緑の季節。あたたかい陽気に誘われ、お散歩したい気分になりませんか。そんなとき、吉祥寺の周辺エリアで特におすすめしたいのが「玉川上水緑道」。 賑やかなテーマパークやイベントに行くのもいいですが、時には緑道をのんびりと散歩するのも素敵ですよね。今年のゴールデン…

【中央線LOVERに聞く!】三鷹の暮らし、教えてください。〈前編〉

中央線では、吉祥寺の隣に位置する「三鷹」。『三鷹の森ジブリ美術館』で有名なお出かけスポットというイメージもありますが、駅を少し離れると静かな住宅街が広がります。今回は、三鷹にご夫婦でお住まいというヒロコさんに「暮らし」についてインタビュー。全2回に渡ってお送りします。1回目は…

吉祥寺好きの新定番「待ち合わせは”ゾウのはな子”の前で!」

井の頭自然文化園で飼育されていた“ゾウのはな子”が天国に旅立ってから約1年。2017年5月、多くの人々に愛された“はな子”の銅像が、吉祥寺駅北口の広場に設置されました。右足を上げて今にも歩き出しそうな“はな子”の銅像は、吉祥寺の駅前に新たな華やぎをもたらしています。今まで、わ…