ファミリー(お子様1人)の施工事例 case study

人生を飾る壁一面の本棚

高校生のお子様とふたり暮らしのA様。お子様が巣立った後のひとり暮らしを見据えて購入されたのは、築47年、35㎡のマンションでした。

リノベーション前提で選んだ築古の部屋
エリアを問わず複数の物件内見に行く中で見つけたのは、遠くに東京タワーを望める部屋。職場へのアクセスの良さと懐かしい雰囲気のある町並みに加え、手頃な価格が決め手となり購入を決断されました。当初は築20〜30年ほどの物件を希望されていましたが、「長く快適に暮らすには、内装に費用をかけられる方がメリットが大きい」と思われたそう。

最優先した壁一面の本棚
デザイナーにリクエストしたのは、子供の頃から集めてきた宝物のような本、CD、ビデオを並べる壁一面の本棚がある間取り。以前のお住まいではダンボールで収納されていたため、好きなものに囲まれた暮らしをする上で欠かせない要素でした。

もうひとつのこだわりは、L字の広いキッチン。調理したものをコンロから流しに移動する際も、天板の上を動かせば床が汚れたりせずとても便利だそう。必要なものをすべて天板に並べて効率よく作業でき、料理上手なお子様にも好評です。

LDKのすぐ横はお子様のデスクスペース。デスク前面はマグネットが付く壁紙になっています。
窓際には造作のロフトを設置して親子のベッドスペースに。既製品の二段ベッドを置くことも検討しましたが、デザインの統一性を考え造作することに。
玄関からLDKまで、廊下がなく、すべてのスペースが有効活用されています。

デザインイメージはお気に入りのホテルから
和モダンなホテルがお好きなA様、お気に入りのホテルをいくつかデザイナーに伝え、そこからイメージを膨らませました。
ロフトの格子と木製の照明、玄関の柄壁紙、LDKのドア、織物のような床材、と和モダン要素が随所に取り込まれています。

コンパクト空間ですっきり暮らす工夫
床材はビニル織物床タイルとモルタルの2種類。壁紙は白とアクセント壁紙の2種類。潔く素材を限定することで35㎡という限られたスペースが、広がりと統一感のある空間にまとまっています。

照明はダウンライトにし、スイッチはダイニング横の壁にまとめたことで、天井や壁もスッキリ。「スイッチはまとめましたが、コンセントは必要な箇所すべてに取り付けてもらいました。すごく助かっています」とA様。

ウォークインクローゼットなどの大型収納はありませんが、壁に沿って収納やオープンシェルフを10か所に設置。横幅1.5メートルのダイニングスツールの座面下も収納になっており、長さのある物もさっとしまうことができます。コンパクトながらすっきり暮らす工夫です。

築古物件を快適に
築47年の物件に長く快適に暮らすため、寒さ対策もしっかりと。古い窓サッシを取り換え、LDKには床暖房を設置。LDKと他スペースを仕切るドアを付けたことで、暖房効率もアップしました。
購入時は網戸がなかったため、リノベーションと同時に網戸も取り付けました。夏に南北の窓を開放すると、家全体を風が抜けてとても気持ちいいのだそう。

「以前からリノベーションがいいなと思っていたんですが、予想以上に良かったです」と新居での暮らしを楽しんでいらっしゃいます。

面積 35.05m²
間取り 1DK→1LDK
建物 中古マンション
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
リノベーション完工年月 2020年8月
完工時築年数 築47年
場所 東京都中野区
家族構成 2人暮らし
Before
After
  • リビング
  • キッチン
  • 玄関
  • 洗面所
before before間取り
after after間取り
お近くのショールームイベントに行ってみよう(無料)

リノベる。では、リノベーションの“費用のこと・物件のこと・ローンのこと”など
「リノベーションの基礎講座」を随時開催しております。