コロナショックでも家を買うべき?買い時など3つの検討ポイント

モザイクフローリングの壁に室内窓のリビング
コロナ対策

※こちらの記事は、随時、内容を更新していきます。

新型コロナウイルスが経済に打撃を与え、不動産市場への影響を懸念する声が多くなっています。不動産価格が暴落するのではないか? 今買ったら損をするのではないか? などに加えウイルス感染のリスクもあり、不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

こうした状況下でどのように住宅購入の検討を進めればいいのでしょうか。ここではお客様から寄せられた疑問に[リノベる。]の物件担当者が答えるQ&Aをご紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

回答するのはこの人

リノベる。物件担当:上出 昇(うえでのぼる)

大学卒業後、森ビル株式会社、オークラヤ住宅株式会社、ソニー不動産株式会社(現SREホールディングス株式会社)と一貫して不動産関連業に従事。2019年リノベるに入社し、現在に至る。
バブル崩壊、阪神大震災、耐震偽装、リーマンショック、東日本大震災など、不動産情勢に影響与えた場面において仲介業の現場を経験。

目次
1.コロナウイルスが不動産価格に与える影響は?
2.今後の不動産価格はどうなる?
3.いま買うべき?待つべき?買い時はあるの?
4.感染や失業などで住宅ローンの返済が心配
⇨まとめ|3つのポイント

1.コロナウイルスが不動産価格に与える影響は?

Qコロナウイルスは
不動産価格に影響を与えますか?

A不動産価格は昨年末から下落の兆候が出ていましたが、今回のコロナウィルスによる経済の停滞によりさらに大きな影響は避けられないと考えます。特に東京都心のマンション価格は株価と連動しやすいので、不動産投資資産としても人気がある富裕層向け物件、いわゆる億ションは大きな影響を受けるでしょう。自己居住用でそこまで高額ではない物件は、投資資産向け物件ほどの影響は受けないと考えます。

Q過去の経済危機と比べて
どうなのでしょうか?

Aバブル崩壊時、都心の高額物件の価格は大きく下落しました。リーマンショック時も、投資物件や高額物件の売れ行きが鈍化しました。ちなみにバブル以降は、中古マンション価格が都心で5分の1~10分の1、その他首都圏で2分の1~3分の1になるなど下落率が激しかったと記憶しています。ただし、10年以上にわたる不況の中で社会不安・経済不安を引き起こす事件が重なったことも大きく下落した要因でした。
今回のコロナショックで下落の可能性はありますが、現在の中古マンション価格を見る限り、バブル崩壊時ほどのインパクトはなく、短期的にはリーマンショック時に近いと考えます。 バブル崩壊は日本固有の問題でしたが、リーマンショック、コロナ問題は世界全体の問題なので、回復へのスピードが違うとの認識です。

2.今後の不動産価格はどうなる?

Q不動産価格はどうなりますか?
どのように検討すればいいですか?

Aコロナウィルスによる停滞が早期に終息すれば、首都圏の中古マンションで2,000万円~5,000万円台の物件は10%前後の下落と想定します。
基本的には、価格下落よりも支払い家賃の方が高くつくなら買うべき、と考えるとよいでしょう。将来的に不動産価格が下がったとしても、その間の家賃はかかります。また、経済情勢が変わったとしても住宅家賃に関してはほとんど変わらないのが現状です。

リーマンショック時「中古物件」の価格は10%程度の下落でした。例えばこれを目安に、仮にマンション価格が2年で1割下がった場合をシミュレーションしてみると検討しやすいです。

例)3,000万円の中古マンションを購入する場合
下落率10%と仮定:300万円
現在の家賃(仮):13万円
2年で支払う家賃:312万円
下落と家賃の比較:下落300万円 < 家賃312万円

3.いま買うべき?待つべき?買い時はあるの?

Q買い時の目安はありますか?
いま?数年後?

A先ほど、下落する金額と家賃による検討方法をご紹介しました。それ以外ですと、住宅ローンの金利に注目するといいですね。今この瞬間を「中古マンションの価格が下がる前」と捉えるか「金利が上がる前」と捉えるか。後者がおすすめです。
現在は住宅ローン金利が低いので購入のタイミングとしてはベストと言えます。また、今後の金利上昇に備えて、固定金利のフラット35での返済で予算を検討するといいでしょう。
バブル崩壊時住宅価格下落は住宅ローン金利の高さも大きな要因でした。

4.感染や失業などで住宅ローンの返済が心配

Q病気になって、働けなくなる
不安があるのですが‥

Aウイルス感染やその他病気で働けなくなっても住宅費つまり家賃は支払う必要があります。住宅ローンには、疾病やけがで就業不能となった際に保障してくれる商品があります。
少しの金利を追加するだけで大きな保証が得られ、家賃を支払い続けるよりずっと安心なので、住宅購入をご検討の方で団体信用生命保険に加入できる方は病気が不安な時代、特におすすめです。

[全疾病就業不能保障](例)

就業不能状態になると1年までは住宅ローンを保障。更にその状態が1年超続くと、保険金がおりて住宅ローンが完済されます。 8疾病のほか、すべての病気・ケガの就業不能が対象です。但し、8疾病以外は免責期間や入院していることが条件となる場合もあります。

※上乗せ金利、商品・保障内容、条件については取扱金融機関各社にご確認ください。

まとめ|3つのポイント

1. 価格下落リスクは下落額と
支払い家賃額を比較
して考える

2. 住宅ローンの低金利に注目すれば
今は買い時といえる

3. 住宅ローン利用で全疾病保障付
住宅ローン
を選ぶとさらに安心

検討において最も大切なのは、お金と時間と目的のバランスです。ご自身の人生においてより長い時間を快適な環境で暮らすこと。これは、何にも代えがたい価値ではないでしょうか。
コロナ禍の今だからこそ、おうちでゆっくりと情報収集するチャンスです。ぜひ気軽に、オンライン相談をご利用ください。

ご自宅から気軽に参加!

リノベーションのオンライン無料相談会

オンライン相談会を開催しています。

お近くのエリアをご選択ください

オンライン内見はじめました

理想の暮らしを叶えるリノベーション向き
中古マンションを探す

対応可能な物件や詳細については担当までお問い合わせください。

ほかにもこんな記事が読まれています

ピックアップ記事

関連記事一覧