リノベーションとは? リフォームとの違い、費用、進め方を解説します。

リノベーションとは? リフォームとの違い、費用、進め方について解説します
リノベーションとは

一度は疑問に思うのが「リノベーションとリフォームって、なにがどう違うの?」ということ。どちらも古くなった住まいに手を加えることを指しますが、この二つの違いはどこにあるのでしょうか。

今回は、「リノベーションとリフォームの違い」をはじめ、リノベーションを検討する上で知っておきたい基礎知識をご紹介します。

Q.問題:冒頭写真は「リノベーション工事」or「リフォーム工事」どちらでしょうか?答えは記事の最後で

1.リフォームとリノベーションの違いとは?

リノベーションとリフォーム、明確な定義がない!??

最初にお伝えしておきたいのが、実は、リノベーションとリフォームともに国で定められた明確な定義はない、ということ。メディアや、リフォーム会社、リノベーション会社が、それぞれの解釈で使い分けているのが現状です。どちらの言葉で表現しても間違いではないのですが、住まいに手を加える時の意図や目的で使い分けられています。

主要なリノベーション関連企業が加盟している『一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会』では、以下のように定義・分類しています。

リフォーム
原状回復のための修繕・営繕、不具合箇所への部分的な対処。

リノベーション
機能、価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した包括的な改修。

リフォーム:「元に戻す」

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り換える、等が挙げられます。部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。

リノベーション:「つくり変える」

間取りから内装・配管などすべてをゼロから考え直し、これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、新しい価値を生み出す改修をリノベーションと言います。例えば、仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる、ファミリー用のお部屋をひとり暮らしに適した間取りや機能に刷新する、等が挙げられます。

マンションの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっているケースがほとんど。個室が細かく区切られ、これから住む人のライフスタイルに合わない部分が多くあります。住む人によって「心地いい間取りやデザイン」は異なります。住む人の暮らしにあわせて刷新するのがリノベーションです。

2.リノベーションvsリフォームのメリット・デメリット

マイナスの状態だった古い住まいを“ゼロ”に戻すのがリフォームだとすると、リノベーションは機能性やデザインといったさまざま側面において、“プラスα”で価値を高めることを指します。

それぞれ目的が異なるので、どちらが勝っている・劣っているとは一概に言えません。そこで、皆さんからよくいただくご質問「『築浅の中古物件を買ってリフォーム』と『築古の中古物件を買ってリノベーション』、どちらがいいの?」をテーマに、それぞれのメリット・デメリットを検証していきます。

「築浅の中古物件(築5~10年程度)をリフォームする」メリット・デメリット

メリット

① 工事費用を安く抑えらえる
工事範囲が部分的・表面的なので、工事費用は比較的安価に抑えられます。

② 工事期間が短い
工事範囲が限定的なので、短期間で工事を終えられます。期間は(一般的に)半日~1か月程度。物件購入後にリフォーム工事をする場合、工事期間が短いため新居に早く引っ越しすることができます。賃貸住宅に住んでいる場合、工事期間中は元の住まいの家賃と購入した物件のローン返済が並行して発生するので、その期間を短くできるのはコスト面で嬉しいことです。

③ 完成後の住まいをイメージしやすい
新築時の状態に戻すことを主な目的とし、大幅な間取り変更や機能変更をおこなわないため、基本的に購入した築浅物件の姿が大きく変わることはありません。

デメリット

① 自由な間取り変更ができない
表層的な内装の修繕工事や設備機器の取り換え工事がメインのため、住む人にとっての快適な動線設計や採光・採風などの機能改善はおこなわれません。

② 住宅の強度・劣化などの状態確認はおこなえない
一部分のみの改修になるため、住まい全体の強度や配管・柱など住宅内部の劣化状態をチェックすることはできません。

「築古物件(築20年以上)をリノベーションする」メリット・デメリット

メリット

① 自由に設計できる
内装デザインや設備機器交換はもちろん、水回りの位置を変更したり、間取りを変更したり、自由につくることができます。住まいにあわせて生活スタイルを変えるのではなく、「生活スタイルにあわせて住まいを変える」のがリノベーションです。

② 資産性が高い
日本ではマンションの資産価値は築年数の経過とともに下がっていきます。約20年で建物の価値は下がり、土地の価値に近づいていきます。築20年を超えたところで、中古マンションの資産価値はほぼ横ばいに。築5年や10年の築浅マンションは、まだ価値が下がる可能性があるため、資産としてお買い得とは言い難いのが現状です。

☞詳しくは「中古マンション購入で後悔しないために知っておきたい6つのポイント」をチェック!

③ 物件の選択肢が増える
希望するエリアで、希望通りの物件を探すのは意外と難しいもの。特に、駅近や人気エリアなどの好立地に新しい物件が建つことは稀。そのため流通している新築や築浅の物件は少なく、あったとしても高額に! 築古物件は利便性の良い人気エリアでも物件数が多く選択肢が広がります。

デメリット

工事費用が高くなりがち
フルリノベーションの場合、建物を支える柱・梁などの構造躯体だけの状態(スケルトン)にして、間取りや内装をいちからつくり替えるため、工事は広範囲に渡り、費用は高額に。物件購入費用と工事費用のバランスを取りながら、総額の検討する必要があります。

② 工事期間が長い
解体工事も含めて、工事は大規模・広範囲になるため、約2~3か月程度かかります。物件購入してから引渡までの間に、現地調査・設計・工事・点検(場合によっては是正工事も)等がおこなわれるので、入居までに一定の時間がかかります。

③ 解体して初めてわかる想定外
解体して構造躯体に戻した状態から工事をはじめるリノベーション。購入時には気づかなかった問題点が、解体したことで発覚することがあります。例えば、表面から見ると状態が良く見えたのに、解体したら柱や配管が劣化していたことが発覚…ということがあります。他にも、当初予定していた水回りの配置変更が、解体後の構造状況によって難しくなる…ということが起きることも。プラン変更や追加の補修費用など、想定外に対する備えが必要です。

④ 間取りの変更ができない物件もあるので注意
構造形式によって一部間取り変更ができない建物があります。マンションの構造には、建物を構造壁で支える「壁式構造」と、建物を柱で支える「ラーメン構造」があり、「壁式構造」では室内の壁を取り払う間取り変更できない場合があるので注意が必要です。
☞「ラーメン構造、壁式構造とは?(ポイント6参照)」

⑤ 築26年以上の中古マンション購入は、住宅ローン減税が受けられない
住宅ローン減税の適用においては、条件が設定されています。①自ら居住すること、②床面積が50㎡以上、③マンションの場合は築25年以内、木造住宅(戸建て)は築20年以内、等です。減税制度の利用を検討している人は、制度内容をチェックして購入物件を検討しましょう。(※本情報は2018年度時点。助成制度は年度ごとに内容変更されるので、都度、各行政機関の最新情報をチェックしましょう)

<メリット・デメリット比較>

築浅×リフォーム 築古×リノベーション
工事費用 安い × 高い
資産性 低い 高い
自由な間取り × 部分的 全体
物件選択肢 少ない 多い
工事期間 短い × 長い

3.リノベーション費用はどのくらいかかるもの?

リノベーション費用はいくらかかる?

気になるのが、お金の話。リノベーションは、新築マンション・新築戸建てと比べて費用面のメリットが大きいとは言え、決して安いとは言えない大きなお買い物です。物件購入価格に加えてリノベーション費用が必要となるため、最初に総額の資金計画を行うことが大切です。[リノベる。]でリノベーションされたお客様の費用相場や費用内訳を参考に、ポイントを押さえておきましょう。

☞詳しくは「リノベーションにかかる費用とは ?

費用規模別の参考事例を見てみよう

CASE1. フルスケルトンですべてを刷新。オーダーメイドリノベ

フルスケルトンでオーダーメイドのリノベーション事例

既存内装をすべて解体して躯体状態にし、間取りや内装すべてを暮らし方に合わせて刷新されました。また、天井もボードを取り外し、天井高を最大限に活かした広々とした空間になっています。
詳しい写真や間取りを見る(www.renoveru.jp/renovation/270

CASE2. 既存の水回り設備を利用して上手にコストカット

コストカットしたリノベーション事例

2DKの壁を取り払ってワンルームに大胆な間取り変更をしました。一方で、水回り設備は状態が良かったため、そのまま活用しコストカットを実現。部分的に既存設備を残しながらリノベーションした事例です。
☞詳しい写真や間取りを見るwww.renoveru.jp/renovation/107)

4.リノベーションの進め方(基本スケジュール)

リノベーションの進め方スケジュール

いざ、リノベーションをはじめよう!と思っても、なにからはじめればいいのか、どんな順番で進めればいいのか分からない…という方に向けて、[リノベる。]での中古物件を買ってリノベーションする流れを例に挙げてご紹介します。新居へのお引越しまでに、大きく3つのプロセスが発生します。

STEP①:中古物件探し&購入

STEP②:住宅ローン審査&契約

STEP③:リノベーション設計&工事

この3つを、時に並行しながら進めていくことになります。

物件の決定〜完成した住まいの引き渡しまでは、平均3.5~4ヶ月

購入する物件が決まり、住宅ローンの審査を通過してから、リノベーション工事をおこない、完成した住まいを引渡すまでにかかる期間は、平均で「3.5~4か月」程度。物件探しにかかる期間は人それぞれですが、多くの人は大体1〜2か月程度で決める傾向にあるようです。入居したい日から半年前を目安に検討をはじめ、計画的に進めるのがベストです。

☞詳しくは「リノベーションの基本スケジュール

5.リノベーションならではの間取り・アイデア集

工夫次第で住まいを自分らしく居心地の良い空間にカスタマイズできるのが、リノベーションの魅力のひとつです。アイデアの参考にしたい[リノベる。]事例をピックアップしてご紹介します。

CASE1. 壁を取り払って、広々リビングに。

広々としたリビングのリノベーション事例

窓側2部屋の壁を取り払い、広々としたLDKに刷新。開放的で居心地の良いリビングになっています。
詳しい間取りや写真を見るwww.renoveru.jp/renovation/259)

CASE2. 寝室を底上げして収納スペースに

空間を有効活用したリノベーション事例

寝室は寝るだけのスペース。ベッド上のスペースはそんなに必要ない!と割り切り、寝室そのものを底上げ。空いた下部を収納スペースに。縦空間の有効利用です。
詳しい間取りや写真を見る
www.renoveru.jp/renovation/184

CASE3. 室内全体を回遊できる間取り

室内を回遊できるリノベーション事例

ウォークインクローゼット・洗濯機置き場・洗面所・キッチン・バルコニーの4つが一直線でつながり、家事がスムーズにおこなえる動線に! 寝室からはリビングと玄関土間にアクセスでき、すべての部屋が回遊できます。
詳しい間取りや写真を見るwww.renoveru.jp/renovation/255)

住む人の暮らしにあわせた形につくり替える。だから、心地いい。

古い住まいをキレイにするというだけでなく、いまそこに住む人の暮らしにあわせていちからつくり替えるのがリノベーションです。「家でどんな風に暮らしたいか」を考えた上で、リノベーションやリフォーム、はたまた新築や建て替えなど、あなたに合った選択肢を検討してみてください。

A.冒頭の答え:写真は、築40年マンションの「リノベーション工事」の様子です。部屋をスケルトン(建物の構造そのものの状態)にし、新たな部屋へつくり変えるのがリノベーションです。
★この写真のリノベーション工事を定点観測した記事はこちら→「築36年のマンションが生まれ変わるまで」
宝石物件ツアー開催のお知らせ

解体前・解体後の2部屋を見比べできる!購入もできる宝石物件ツアー開催【2018年9月】

◎リノベる。では、無料で学べるリノベーション講座を無料開催中 参加申込はこちら

関連記事一覧