フルリノベーションとは?メリット・デメリットと費用相場を解説!

フルリノベーション アイキャッチ画像
リノベーションとは

自分の要望に合った住宅を手に入れる方法として、フルリノベーションという方法があることをご存知でしょうか。本記事ではフルリノベーションについて、リフォーム、リノベーションとの違いやメリット・デメリット、費用相場をご紹介していきます。フルリノベーションを検討されている方は、参考にしてみてください。

フルリノベーションとは?リノベーション・リフォームとの違い

そもそもフルリノベーションとは、どのようなものを指すのでしょうか。ここからは、リノベーションとリフォームの違いについて見ていきたいと思います。

リノベーションとは

リノベーションとは、「暮らす人のライフスタイルに合わせて中古住宅を改修する」ことです。新築の状態に戻す発想ではなく、機能・価値の再生のための刷新を指します。例えば、LDKを拡張して床暖房を導入するなど、より高性能で快適にする改修も、リノベーションのひとつです。

リフォームとは

一方リフォームというのは一般的に「古くなったり壊れたりしたものを修繕する」ことを指します。例えば、ボロボロになった壁紙やフローリングを張り替えたり、壊れたお風呂を交換したりする工事です。両者の違いについては、リノベーションは「価値を付け加えるもの」、リフォームは「マイナスをゼロに近づけるもの」だと考えると、分かりやすいかもしれません。

フルリノベーションとは

フルリノベーションは、「住宅全体をリノベーションする」ことを指します。リノベーションは、ほとんどの場合解体をともないます。フルリノベーションでは、大きく間取りを変更したり二世帯住宅に変更したりすることが可能です。建物の構造部分だけを残してスケルトン状態にする「スケルトンリノベーション」も、フルリノベーションの一種だと考えるとよいでしょう。

リノベーションのメリットを享受するために、スケルトンリノベーションを選択する人が多いです。そのため、リノベーションとフルリノベーション、スケルトンリノベーションは、ほぼ同義で使われることが多くなっています。

参考記事:リノベーションとは? リフォームとの違い

フルリノベーション イメージ画像

フルリノベーションのメリット・デメリット

フルリノベーションにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

フルリノベーションのメリット

間取りを大きく変更することができる

フルリノベーションは、改修の対象が住宅全体に及びます。スケルトンリノベーションでは給水・排水管も含めて刷新するため、キッチンやお風呂の位置を変更することも可能です。フルリノベーションであれば、戸建ての注文住宅を建てるのに近い感覚で自由な家づくりができます。

建て替えに比べてコストが抑えられる

フルリノベーションは建物の構造部分を残すため、特に都心では一度解体して新しく住宅を建てるのに比べ低コストで実施可能です。建て替えを考えている方は、実現したいことの内容を精査しつつ、フルリノベーションも検討してみてもよいでしょう。

売却しやすくなる

住宅は築年数が経過すると価値が下がっていきます。しかし、フルリノベーションで暮らしやすい住宅に刷新させていることにより、賃貸に出した際や、売却の際の需要が高まる可能性もあります。

立地のいいエリアに住める

新たな住居に住み替えを考えるとき、「都心の便利な場所に引越したい」と考える人も多いと思います。しかし、新築は高額で手がでないという人もいるでしょう。住宅購入後にフルリノベーションする場合、内装が古いままの比較的低価格な住宅を購入候補に加えることができます。低価格の中古物件を購入してリノベーションを行うことで、憧れの場所に住める可能性が高まります。

フルリノベーション イメージ画像

フルリノベーションのデメリット

一方で、フルリノベーションには以下のようなデメリットがあります。

工事費がかかる

建て替えより費用を抑えられるとはいえ、部分的なリフォームやリノベーションと比べると、フルリノベーションの費用は高額になります。リフォームやリノベーションでも理想の住まいにできるのであれば、併せて検討してみるとよいでしょう。

工期がかかる

フルリノベーションは、工事の内容や住宅の規模にもよりますが、2カ月〜半年程の工期がかかります。その間、原則として工事を行っている家には住むことができず、一時的に仮住まいに引っ越す必要があります。仮住まいの費用や引越し費用がかかってしまう点も、デメリットといえます。

構造部分の補修が必要な場合がある

戸建住宅で内装のみ工事をしたいと考えていた場合でも、建物の状態によっては耐震補強などの工事が発生する場合があります。外から見て問題がない場合でも、壁や天井を解体してみると問題が見つかることはよくあります。シロアリやカビが発生していた場合、耐震や換気、断熱など住宅の性能を高める対応が必要です。施工会社との打ち合わせの段階で、あらかじめどういった可能性があり、どの程度の費用が必要になるかを確認しておくとよいでしょう。

フルリノベーション イメージ画像

フルリノベーションの費用相場

実際のところ、フルリノベーションにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここからは、マンションと戸建てのフルリノベーションの費用相場を見ていきたいと思います。

戸建ての場合

戸建ての場合、建物の大きさやリノベーションの範囲や内容によって異なりますが、おおむね1000万円~2000万円程度が費用相場です。2階建てや3階建てで延床面積も大きい場合は、費用が高額になることが多いでしょう。あらかじめ工事内容とそれにかかる費用について、リノベーション会社にしっかり確認しておくことが大切です。

マンションの場合

マンションも間取りや使用する建材、住宅設備などによって費用相場が大きく変わります。一般的に、2LDKは900万円程度、3LDKは1050万円程度が相場です。また、業者によっても費用相場が異なるため、事前に見積もりをとって比較すると良いでしょう。

フルリノベーション イメージ画像

フルリノベーション 事例3選

イタリア輸入のアンティークタイルが映えるおうち

57㎡の中古マンションをフルリノベーションした事例です。壁は水色、床はアカシアを採用してイタリア輸入のタイルを使うなど、鮮やかな色彩が印象的なおうちです。

フルリノベーション イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『水色の壁、アカシアの床、イタリア輸入のタイル。自分らしさを織りなす家』
https://www.renoveru.jp/renovation/222

家族の暮らしやすさに配慮した戸建てリノベーション

御祖父様から受け継いだ124㎡の戸建て住宅を、家族4人で暮らすためにフルリノベーションした事例です。広いモルタル土間や古材をふんだんに盛り込んだデザインなど、住む人のセンスを感じさせる空間となっています。

フルリノベーション イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『「外」を楽しむ、土間が主役の戸建てリノベ』
https://www.renoveru.jp/renovation/252

全面窓から光が差し込むワンルーム

2LDKの中古マンションを、ワンルームにフルリノベーションした事例です。もともとあった2つの部屋は4畳、5畳と小さかったため、リノベーションで壁を撤去。友人を招いてホームパーティができる広い空間を中心に間取りを考えたひとり暮らしのおうちです。

フルリノベーション イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『ワンルーム化で全面窓の部屋に大改造』
https://www.renoveru.jp/renovation/279

まとめ

フルリノベーションのメリット・デメリット、費用相場や具体的な事例をご紹介しました。リフォームやリノベーションより費用がかかるものの、建て替えと比べると安く実施できるという特徴があります。フルリノベーションのメリット・デメリットを把握したうえで、理想のマイホームを手に入れる方法のひとつとして検討してみてください。
▼リノベーション基礎知識
リノベーションとは? リフォームとの違い

\ リノベーションに関する記事はこちら /

キホンのキ。リノベーションの基本記事

やっぱり気になる。リノベーション費用・お金に関する記事

あれこれ夢見る。リノベーション事例

なんだか心配。物件に関する記事

行けばわかる。無料セミナー!

ピックアップ記事
関連記事一覧