ペニンシュラキッチンとは?そのメリットと理想の居心地・デザインを叶えたリノベーション事例を紹介

ペニンシュラキッチン アイキャッチ画像
その他

対面式キッチンは、調理中も空間の広がりを感じられる人気のレイアウトのひとつです。そんな対面式キッチンの中でも人気の高い、ペニンシュラキッチンをご存じでしょうか? 今回の記事では、ペニンシュラキッチンの魅力をご紹介。特徴やメリットをはじめ、デメリットとその対策をわかりやすく解説します。ペニンシュラキッチンを取り入れたリノベーション事例や選ぶ際に知っておきたいポイントも、チェックしてみてください。

ペニンシュラキッチン イメージ画像

ペニンシュラキッチンとは?

ペニンシュラキッチンは、対面式キッチンの一種で、キッチンのカウンターの左右どちらかが壁に接しています。突き出した外観が半島(ペニンシュラ)に見えることから、「ペニンシュラキッチン」と名づけられました。同じ対面式キッチンであるアイランドキッチンは、四方が壁に接していない独立した島のように設置されているタイプになります。

ペニンシュラキッチン イメージ画像

ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラキッチンの魅力はどのようなところにあるのでしょうか?  ここからは、ペニンシュラキッチンのメリットをご紹介します。

メリット1:解放感

壁付けキッチンと異なり、リビングやダイニングに面したペニンシュラキッチンは、圧倒的な開放感を感じられます。キッチンをさえぎる壁や棚などがないため、LDKをすっきり広々とした空間にしてくれるでしょう。

メリット2:コミュニケーションがとりやすくなる

ペニンシュラキッチン最大の特徴は、対面式キッチンであることです。キッチンに立つ人がリビングやダイニングにいる人と対面できるため、コミュニケーションがとりやすくなります。作業中でも家族と会話を楽しめたり、子どもや高齢者、ペットなどにも視線を送れるため、何かあっても素早い対応が可能です。

メリット3:設置スペースを選ばない

キッチン本体の左右どちらでも壁に取り付けできるため、設置スペースを選ばないこともメリットとして挙げられるでしょう。同じ対面式のアイランドキッチンの場合、両サイドに通路が必要なので、設置にはある程度広いスペースが必要になります。しかし、ペニンシュラキッチンは、LDKのスペースが限られている場合も設置しやすいのが特徴です。

ペニンシュラキッチン イメージ画像

ペニンシュラキッチンのデメリットと対策

ペニンシュラキッチンは汎用性があるため、比較的どんな家でも設置が可能です。しかし、魅力的なメリットがある半面、対面式キッチンゆえのデメリットもあります。ここからは、デメリットとその対策方法を見ていきましょう。

デメリット1:収納スペースの問題

空間の開放感を求めてペニンシュラキッチンを設置する場合、上部の吊戸棚を設置しないレイアウトが多くなる傾向にあります。そのことから、壁付けキッチンと比べた場合、収納スペースが少なくなるデメリットが生じてしまいがちです。

対策方法

キッチンのワークトップ(天板)の下や冷蔵庫の上など、キッチンのあらゆるスペースを有効活用しましょう。必要最低限の調理器具や食器、食材しか置かないといったキッチンのルールや、収納計画を作ることも対策になります。キッチンの背面部分に余裕があれば、収納棚やキッチンボード、パントリー(食品庫)を設けるのもよいでしょう。

デメリット2:油はねや水はねの問題

対面式キッチンにありがちなデメリットとして、油はねや水はねの問題があります。前方が解放された作りになっているため、作業中にリビング側へ油や水がはねて、その汚れが見た目にも衛生的にもよくありません。

対策方法

油はねや水はねの対策法として、オイルガードやキッチン用のパーテーションを設置すると、リビング側の汚れを防げます。また、ペニンシュラキッチンのコンロ前が壁になるようにしたり、汚れを防ぐついたての併設なども効果的です。

デメリット3:ニオイや煙の問題

ペニンシュラキッチンのデメリットに、ニオイや煙が挙げられます。LDKを一体化させているため、ダイニングやリビングまで調理中のニオイや煙が広がります。室内の壁や家具などにニオイが付いてしまう恐れがあります。

対策方法

においや煙のすべてを防ぐことは難しいですが、LDKの広さを踏まえたレンジフードを設置し、室内の換気を徹底することをおすすめします。高性能タイプ、大型タイプなど、キッチンのサイズや用途に合わせて、最適なレンジフードを選んでください。パーテーションやついたてを置くのもいいでしょう。また、ダイニングとリビングの消臭対策もこまめに行いましょう。

ペニンシュラキッチン イメージ画像

ペニンシュラキッチンのリノベーション事例4選

ここからは、ペニンシュラキッチンを取り入れたリノベーション事例を4つご紹介します。
どれも開放感あふれる魅力的なおうちばかりです。

「泊まれるレストラン」がコンセプトのおうち

ペニンシュラキッチン イメージ画像

約90㎡の広々とした日当たりのいいお部屋。できるだけ生活感を抑えることを意識をしたデザインのコンセプトは「泊まれるレストラン」。家族だけでなく、ゲストの居心地のよさも考えたレイアウトから、ご夫婦のホスピタリティが伝わってきます。リビングに向かって料理するペニンシュラキッチンが自然と会話を誘います。

▼このおうちの詳しい事例を見る
「日常も非日常も楽しめる。泊まれるレストラン」
https://www.renoveru.jp/renovation/294

 

ペニンシュラキッチンのある北欧スタイルのおうち

ペニンシュラキッチン アイキャッチ画像

モルタルの腰壁が印象的なペニンシュラキッチンを中心に、壁紙、扉、家具、照明、雑貨など、大好きな北欧系で統一。空間演出は、雑誌やネットのみに頼らず、実際に足を運んだカフェやショップといった店舗を参考にしました。アスベスト対策に選んだクロス張りの天井、気密性の高い二重窓、見せる収納と隠す収納のバランスも見どころ。丁寧な暮らしづくりもポイントのおうちです。

▼このおうちの詳しい事例を見る
丁寧に選ぶ暮らしづくり。北欧スタイルが心地よい空間
https://www.renoveru.jp/renovation/272

 

料理の時間も家族と一緒に楽しめる空間

ペニンシュラキッチン イメージ画像

ロケーション抜群の築48年ヴィンテージマンションをリノベーションしたおうち。リビングの中心に対面式のペニンシュラキッチンを配置し、料理の時間も家族と一緒に楽しめる空間となっています。白塗装の壁に映える笠木、欄間(らんま)、鶯色の壁は、経年による変化を意識し、あえて生活感を楽しむために選びました。お部屋の中を光と風が抜けるよう四方を壁で仕切らない間取りに。解放感のある心地よいおうちです。

▼このおうちの詳しい事例を見る
「生活感が「らしさ」になる家づくり」
https://www.renoveru.jp/renovation/246

 

収納スペースがたっぷりのペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチン イメージ画像

住み慣れた我が家をリノベーションされたご夫婦。62㎡、3LDKの空間を、1LDK+WICへと大胆な間取りにイメージチェンジしました。LDKと玄関が2本の動線でぐるりと回遊できるようになっています。洗面スペースを玄関正面のホールに配置するなど、暮らしを快適にするユニークな空間作りをされました。収納スペースがたっぷりのペニンシュラキッチンもポイント。すっきりとした見た目ながら、カウンターの両面に収納を備えた収納力抜群のキッチンです。

▼このおうちの詳しい事例を見る
「住み慣れた我が家を、快適で便利なスマートホームに」
https://www.renoveru.jp/renovation/327

ペニンシュラキッチンを選ぶポイント

ペニンシュラキッチンを設置する場合、スペース、機能性、価格などが重要になります。ここからは、購入前に知っておきたいポイントを見ていきましょう。

ポイント1:設置場所の確認

ペニンシュラキッチンの設置にはそれなりの広さが必要です。キッチン本体の横幅や奥行きはもちろんこと、作業スペースも念頭に置いて、設置場所の広さを計測しましょう。冷蔵庫や食器棚までの距離など、作業動線についても考えておく必要があります。キッチンでの動きを具体的にイメージしながら設計することで、理想の空間づくりがしやすくなります。動きやすさの目安として、使用頻度の高い場所まで3歩ほど、120cm以上の動線が最適と言われています。

ポイント2:コンセントの位置と数

ペニンシュラキッチンの設置の前に、コンセントの位置や数を検討しておくことも重要です。リフォームの場合、コンセントの数を増やす、位置を移動させることも多いため特に注意が必要です。希望の場所と数の設置が可能かどうかを、あらかじめ工事業者に確認するようにしましょう。

ポイント3:機能性と価格のバランス

選ぶものによっては、大きな価格差が生まれるペニンシュラキッチン。魅力的なデザイン、機能などオプションも多いため、選択を迷うことがあるかもしれません。購入の際はプロに意見を求めつつ、必要な機能と価格のバランスを考えることがおすすめです。

ペニンシュラキッチン イメージ画像

まとめ

ペニンシュラキッチンは、開放感が魅力的な対面式のキッチンです。LDKと対面する配置のため、作業中も家族とコミュニケーションがとりやすいところもメリットです。その反面、油はねや水はね、ニオイや煙、収納スペースが限られるといったデメリットも。オイルガードやレンジフードなどを活用した汚れやニオイ対策も大切です。収納スペースの別途設置など、充分な収納容量の確保も工夫してみてください。スペースや作業動線などのポイントもしっかり確認してから、設置を検討しましょう。

ピックアップ記事
関連記事一覧