マイホームの『間取り失敗例』を箇所別に紹介!後悔しないためのポイントは?

中古住宅間取りの失敗 アイキャッチ画像
物件の探し方

マイホームの間取りは、暮らしやすさを左右する重要なポイントす。間取りは一度家が完成してしまうと簡単には変更できないため、慎重に検討したい人も多いと思います。本記事では、マイホームの『間取りの失敗例』をご紹介します。失敗例を参考にして、後悔しないためのポイントを押さえましょう。

玄関の間取り失敗例

お風呂の出入りが玄関から見えてしまう

一直線の廊下に玄関があるようなレイアウトだと、洗面所やトイレの出入りが玄関を開けた時に見えてしまうことも。玄関で家族が来客に対応している間、恥ずかしくて出られず困ったといったケースがあります。特に来客が多いご家庭の場合は、玄関からの視線についても配慮しましょう。

狭くて収納が少なかった

玄関以外のスペースを優先してつくった結果、玄関が狭くなり収納スペースが不足してしまったという事例も聞かれます。玄関にはシューズ類だけでなく、ベビーカーや自転車、アウトドア用品などの収納スペースが必要になることが考えられます。家族構成や持ち物の量から必要なスペースを検討し、出入りの動線を考えた収納の配置とサイズを検討してみてください。

マイホーム間取りの失敗 イメージ画像

水回りの間取り失敗例

トイレの音が気になる

トイレの位置をリビング近くに配置したことで、特に来客時にトイレの音が気になってしまうといった事例が挙げられます。玄関近くに配置した場合にも似たような状況になりえます。

また、寝室の隣にトイレを配置した場合、夜中に扉の開閉音が聞こえて睡眠の妨げになることも。家族の生活スタイルなどを考慮し、気兼ねなくトイレが利用できる間取りを検討してみてください。

洗濯の動線が悪くなってしまった

水回りの失敗例として、脱衣所を狭くしたことで洗濯のときの動線が悪くなってしまった事例があります。洗濯物を洗って、取り出し、バルコニーに移動する、といった一連の作業がスムーズに行えないと家事効率が悪くなってしまいます。毎日の家事が効率よく行えるだけのスペースを確保し、配置にも考慮することが大切です。

キッチンのスタイルが自分に合わなかった

近年、開放的なオープンキッチンが人気ですが、使い勝手はいいものの汚れや散らかった状態が丸見えになるケースがあります。また、匂いや煙のことを考えて独立系のキッチンにしたものの、キッチンから子供の様子がわからずに不便さを感じるケースも。キッチンのスタイル別のメリット・デメリットを把握して、暮らしに合ったキッチンを選ぶようにしましょう。

マイホーム間取りの失敗 イメージ画像

リビングの間取り失敗例

日当たりが良すぎて眩しい

リビングを日当たりのいい明るい空間にしたい人も多いと思いますが、配置によっては眩しすぎたり室内が暑くなることがあります。午前中はテレビに直射日光が当たって画面が見づらい、などのストレスを感じるケースも。西日が当たって家具や床材、壁紙が色褪せてしまうことも考えられます。方角や採光についても考慮しつつ間取りを検討することで、より快適に過ごせる空間がつくれます。

開放感を重視しすぎて外部からの視線が気になる

開放感のある空間にしたことで、外部からの視線が気になってしまう失敗例もあります。リビングは大きな窓のある開放的な空間にしたいと考える方も多いかもしれません。しかし、リビングや寝室といった寛げるスペースは、外部からの視線にも配慮が必要です。隣接する住宅との位置関係や、道路からの視線を考慮した間取りを検討するようにしましょう。また、生け垣やフェンスといった外構もセットで考えると、視線を遮りながら開放感のある空間に仕上げやすくなります。

リビング階段にしたことで冷暖房効率が悪い

家族が集うリビングに階段を配置したことで、冷暖房効率が悪くなってしまった例も。リビング階段は階段スペースを削減できるなどの利点があり、見た目も良いため人気があります。しかし、2階部分とつながった広い空間ができることで、冷暖房が効きづらくなるため注意が必要です。

リビング階段と同様に、吹き抜けも「寒い」「光熱費が高くなってしまう」といった声が聞かれます。高い気密性の確保など、家全体の空調効率を考慮して検討することが望ましいでしょう。

マイホーム間取りの失敗 イメージ画像

間取りの失敗を防ぐポイント

今の住まいの不満点から理想をシミュレーションする

今の住まいの不満点から、理想の間取りをシミュレーションしてみましょう。暮らしにくさを感じている点について、どこがどうなると暮らしやすくなるのかを具体的に考えてみることがおすすめです。スペースの広さや家具のレイアウト、高さまでなるべく詳細にシミュレーションして、理想的な間取りに近づけていきましょう。

周辺環境を把握して間取りを考える

間取り検討の際には、周辺環境も考慮してみてください。自宅を建てる土地や周辺の環境はどうなっているでしょうか。接面している道路の位置や時間帯ごとの日当たり状況、隣接する住宅や施設の向きなどの周辺環境を書き出してみると把握しやすくなります。

家の内部だけでなく周辺環境も考慮して間取りを考えると、外部からの視線が気になるといった失敗が回避しやすくなります。

モデルハウスや見学会を利用してイメージをつかむ

モデルハウスや見学会を利用してイメージをつかむこともおすすめです。間取り図だけでは、具体的なイメージが湧きにくい方もいらっしゃるでしょう。天井の高さや窓の大きさなどでも、部屋の雰囲気は大きく変わるものです。

モデルハウスや完成見学会などで実際に建てられた家を見てみることで、イメージがつかみやすくなります。理想のイメージの具体化のために活用してみてはいかがでしょうか。

マイホーム間取りの失敗 イメージ画像

まとめ

本記事では、間取りの失敗例や間取りを考える際のポイントについてご紹介しました。図面上ではべストに思えた間取りでも、実際に暮らしてから「もっとこうだったら……」と感じることはあるようです。今住んでいる家の不満点や周辺環境の把握、ショールーム見学などを行って、しっかりと理想の家づくりの準備をしていきましょう。

ピックアップ記事
関連記事一覧