アイランド、ペニンシュラ、どれを選ぶ?キッチンスタイル種類と特徴

キッチン

リノベーションの満足度を大きく左右するといっても過言ではないくらい「キッチン」は住まいの主役! 

アイランド、ペニンシュラ‥‥憧れのキッチンスタイルの種類と特徴、それぞれの魅力について紹介します。

ホームパーティに最適!おしゃれなアイランドキッチン

アイランドキッチン

「アイランドキッチン」

アイランドキッチンは「島」という意味のネーミングの通り、四方が壁に接していない独立したキッチン。全方向からぐるりとキッチンを囲めるので、ホームパーティや家族でお料理する機会が多い方におすすめ。デザイン的にもおしゃれで、人気が高い憧れのキッチンスタイルです。

▼写真の事例はこちら
『ワイドなキッチンが佇むさわやかな空間と、室内窓のアクセント』

回遊性の高いアイランドキッチンは両側に空間が必要なため、ある程度の広さがないと、リビングなど他の空間が狭くなってしまうので要注意です。
また、壁付けできないため、換気扇選びも重要。においがこもらないよう、大き目の換気扇を選ぶ人も多いようです。お料理が好きな方やこれから料理に力を入れたい方には特におすすめです。

黒いアイアンと木のアイランドキッチン

▼写真の事例はこちら
『コーヒーと音楽、葉巻から始まる1日』

子育てママにうれしい!対面式のペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチン

「ペニンシュラキッチン」

アイランドが「島」なら、ペニンシュラは「半島」です。キッチンの左右どちらかが壁に面した対面キッチンを「ペニンシュラキッチン」と呼びます。リビングを見渡しながらお料理できるので、子育て中のママに人気のスタイル。アイランドキッチンよりも場所を取らず、お手入れもしやすくて実用的です。

対面式の壁付けキッチンとカウンター

ペニンシュラでも、工夫次第で、アイランドキッチンのような開放感と回遊性が得られます。例えば、壁を薄くし、壁の一部を人が通れるようなつくりにすると、回遊性が高くなります。60㎡未満の広さのお部屋で家事動線のいいキッチンにしたい場合、こうした工夫を行うと快適に家事をこなせます。

▼写真の事例はこちら
『変幻自在のからくり空間』

コンパクトで動線がいい!ベーシックな壁付けキッチン

壁付けキッチン

「壁付けキッチン」

ベーシックなスタイルの壁付けキッチンは、スペースをコンパクトに抑えて広いリビングダイニングを確保できるのがメリット。広いスペースでフレキシブルに動けるのもうれしいポイントです。壁に向かうことで「お料理に集中できる」という声も。背面が見えてしまう点も、壁の造作棚にキッチン雑貨をディスプレイしたり、インテリアを楽しむこともできます。

▼写真の事例はこちら
『しかくとくるみと未完成』

煙やニオイがもれない!料理に集中できる独立型キッチン

独立型キッチン

「独立型キッチン」

キッチンだけで独立したスペースになったスタイルが「独立型キッチン」。仕切られた別の空間なので、調理の煙やニオイがリビングに来ないことがメリットです。お客様が来ても片づけなどに気を遣わなくていいのもプライベートスペースならでは。お料理に専念したいという本格派におすすめのスタイルです。

▼写真の事例はこちら
『ミッドセンチュリー × モロッコ』

コンロとシンクが別々!家事ラクなセパレートキッチン

セパレートキッチン

「セパレートキッチン」

コンロとシンクで二つに分かれたセパレートキッチンも人気。コンロ側は壁付けで煙やニオイがリビングまで届きにくく、シンク側は対面カウンターで家族とのコミュニケーションが取りやすいのも魅力です。あまり動かなくてもお料理しやすい点もおすすめポイント。対面側をアイランドにすることも可能で、複数のキッチンスタイルの利点が融合されたスタイルです。

▼写真の事例はこちら
『猫と楽しむ、素材を生かしたワイルド空間』

ピックアップ記事

関連記事一覧