部屋(寝室・子供部屋など)のリフォームの費用相場とは?デザインが参考になる施工事例も紹介

部屋のリフォーム アイキャッチ画像
子供部屋

寝室や子供部屋などのリフォームを検討されている方の中には、どのくらいの費用がかかるか不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。本記事では部屋のリフォームについて、工事内容別に費用相場をお伝えします。デザインの参考になるリノベーション事例もご紹介します。

部屋別のリフォーム費用相場

はじめに部屋別のリフォーム費用相場をご紹介します。どのリフォームも工事内容によって金額が変動します。

主寝室リフォームの費用相場

おおよそ6~10畳の寝室の場合で以下の通りです。

・壁紙の貼り換え:4.5~11万円程度
・複合フローリング張り替え:16〜22万円程度
・間仕切り追加:13~15万円程度

子供部屋リフォームの費用相場

おおよそ4.5~6畳程度の広さとした場合で、下記のような費用相場になります。

・壁紙の貼り換え:4~7万円程度
・複合フローリング張り替え:9〜12万円程度
・間仕切り追加:20~30万円程度

和室(客室)リフォームの費用相場

主寝室や子供部屋と似た工事や、和室を洋室に変えるリフォームが考えられます。おおよそ4.5~6畳程度の広さの費用相場をご紹介します。

・壁紙の貼り換え:3~5万円程
・畳からフローリングへの貼り換え:16~19万円程
・間仕切り追加:15~20万円程
・和室を洋室に変更:25~100万円程

部屋のリフォーム イメージ画像

予算別のリフォーム例

次に、以下3つの予算でできる部屋のリフォーム例について見ていきましょう。

20万円未満でできる部屋のリフォーム

20万円未満でできる部屋のリフォームとしては、以下のようなものが挙げられます。

・壁紙の貼り換え
・フローリングの貼り換え
・間仕切りの追加
・内窓追加で断熱性アップ

ただし、20万円未満の予算だと上記のうち1つか、2つまでになることがほとんどです。複数のリフォームをしたい場合は予算を増やすか、優先度の高いものだけに絞る必要があります。

20万円~50万円でできる部屋のリフォーム

20~50万円でできる部屋のリフォームには、以下のようなものがあります。

・壁紙の貼り換え
・フローリングの貼り換え
・間仕切りの追加(併せてドアや照明の追加も可)

上記の施工内容を組み合わせても予算内に収まることも考えられます。ただし、使用する素材や工事内容によっては、予算を超えることもあります。特に間仕切り追加と同時に、ドアや照明を追加する工事はある程度の費用が必要です。予算に合う素材や工事内容を選ぶことがポイントになります。

50万円以上でできる部屋のリフォーム

50万円以上予算がある場合、以下のようなリフォームを検討できます。

・壁紙の貼り換え
・フローリングの貼り換え・間仕切りの追加(併せてドアや照明の追加も可)
・和室を洋室にリフォーム
・2部屋だった洋室を1部屋にリフォーム
・窓追加で断熱性アップ

50万円以上の予算があれば、部屋のリフォームとしてはひと通り検討できるでしょう。とはいえ、使用する素材や工事内容によっては費用が高くなることもあるため、内容はよく考える必要があります。

部屋のリフォーム イメージ画像

リフォームの費用が高くなる理由

先述の通り、リフォームの費用は工事内容次第で大きく変動します。業者に見積もりを取って想定より高くなってしまった場合、以下のような理由が考えられます。

工事期間が長くなっている

まず、工事期間について確認しましょう。人が住んでいる状態でリフォームを行うと、住んでいる人も大変ですが工事をする側にも手間がかかります。例えば、リフォーム箇所周辺にホコリやゴミが飛ばないよう、現場全体をシートで覆ったり照明器具を保護したり、と配慮が必要です。また、生活に必要な設備が使える調整をしながら段階的に施工を進めるようなケースでは、少しずつ工期が長くなり費用に反映されます。

解体と新設両方の費用がかかっている

リフォームは目的に付随する工事が発生することがあります。リフォームで壁を増設する場合、単純に新しい壁を設置する場合と、既存の壁や天井、床の解体撤去が伴う場合があります。壁内部に配線が通っていた場合、電気工事が必要になります。新設に伴い複数箇所の補修や変更、撤去などが必要になると、その分費用も高くなります。

部屋のリフォーム イメージ画像

各部屋のリフォームを行う際のポイント

ここからは、部屋ごとのリフォームのポイントをご説明します。

和室の場合

和室を洋室にリフォームするときは、床材の厚みに注意が必要です。例えば、洋室と和室が接している場合は、各部屋で床の仕上材の厚みが異なります。畳の厚さは55mm程度ですが、フローリングは12〜15mm程度です。約40mmの段差が生じるため、それを埋める下地を作ることになります。この場合は、リビングの床仕上げ材の高さに合わせると、コストを抑えられます。

また、和室の押入れは、ミニキッチン、トイレ、シャワールームを設置するなどのリフォーム例があります。暮らしが快適になる活かし方を検討してみると良いでしょう。

子供部屋の場合

子供部屋は、お子さんの成長に合わせてリフォームすることが大切です。小学校入学前は、ジョイントマットやブロックマットを敷いて区切るだけでも、キッズスペースとして活用できます。

小学校に入学したら、教科書やランドセルなどの道具を置けるスペースを確保したいところです。学習机が置ける広さも、併せて検討してみましょう。小学生の子供に独立した部屋をつくらない場合は、リビングの一角に学習スペースをつくるのもひとつの手です。小さいお子さんが元気に走り回るようであれば、床の防音対策リフォームもおすすめです。

寝室の場合

寝室のリフォームでは、快適な睡眠環境を整えることがポイントです。たとえば、北側に寝室があると、冬場は寒さが気になることも。このような場合、壁内部に断熱材を入れて防寒対策を行います。また、壁の上から断熱パネルを貼ったり、二重窓にすることも有効です。ほかにも、照明器具の交換により良質な睡眠に導けます。暖色系が効果的ですので、白熱灯や電球色の蛍光灯などに変えてみるといいでしょう。

部屋のリフォーム イメージ画像

リフォームを行う際の注意点

リフォームを行う際は、以下のような点に注意が必要です。

構造によっては好みの間取りにできない

間仕切り壁を撤去して間取り変更する場合、壁の撤去の可否を確認する必要があります。壁が建物を支える構造の場合、室内に撤去不可の耐力壁があり、好みのリフォームを実施できないこともあります。

マンションのリフォームは管理規約を確認する

マンションをリフォームする場合、マンションごとにできる工事が取り決められています。具体的な内容については、管理規約を確認すると共に、管理組合に確認しましょう。

部屋のリフォーム イメージ画像

部屋のデザインが参考になるリノベーション事例3選

中央に細長い収納を配置したワンルーム

48㎡をリノベーションして、広がりが感じられるワンルームにしたおうち。アーチ状の開口とグリーンの壁が印象的です。

部屋のリフォーム イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『ゆるやかに区切られたワンルーム』
https://www.renoveru.jp/renovation/52

朝の自然光で目覚められる寝室

フルリノベーションして、寝室を日当たりの良いベランダ側に配置。朝の自然光で目覚められる明るい寝室になりました。

部屋のリフォーム イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『桐たんすに似合う和の素材を感じて。家族と一緒に育てる家。』
https://www.renoveru.jp/renovation/159

三面採光を活かした開放的なおうち

3LDKだったたお部屋を、三面採光を活かした1LDKにリノベーションしたおうち。各部屋には、ガラススクリーンやガラススリット、ガラスブロックを配置し、部屋ごとのつながりが感じられる空間になっています。

部屋のリフォーム イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『80.12㎡、迫力の1LDK』
https://www.renoveru.jp/renovation/209

まとめ

部屋のリフォームについて、費用相場や予算ごとに実施できる工事内容などをご紹介しました。リフォームの内容ややり方を工夫することで、予算内で理想のマイホームを実現しやすくなるでしょう。部屋のリフォームを検討されている方は、参考にしてみてください。

ピックアップ記事
関連記事一覧