東急東横線 神奈川エリアでリノベーション向き中古マンション探し【前編】

中古マンション

東急東横線沿線の駅は住みたい街ランキングの常連。根強い人気のワケを、リノベーションの視点から詳しくみてみたいと思います。

渋谷から横浜を結ぶ東急東横線。新丸子駅から横浜駅までの12駅が神奈川エリアです。 駅それぞれに違う街の雰囲気や物件の相場感などを、エリアごとにご紹介していきます。

東急東横線神奈川エリア:新丸子・武蔵小杉・元住吉

まずは東京に隣接する新丸子・武蔵小杉・元住吉から。

東急東横線武蔵小杉駅のサイン

ここ10数年で人気の街として定着した武蔵小杉。JRも含め5路線が利用可能なこともあり人気です。駅前の再開発が進んで、タワーマンションなど新築マンションの建設が続いています。 人気エリアなだけに物件購入後も資産価値が下がりにくい点が魅力です。駅の北側、南側で雰囲気が異なりますが、どちらにも大きなショッピングモールや大型スーパーがあり、お買い物に不便を感じることはありません。

お隣の新丸子や元住吉も、築浅の物件が多く物件相場がお高め。フルリノベーション前提の場合、予算的に厳しくなるケースもあるようです。
新丸子は駅前にドラッグストアやスーバーなどがそろっていて、日常のお買い物に便利。多摩川が近く、自然に触れられる環境のため、子育てファミリーにも人気です。

元住吉のブレーメン通りは、地域密着型スーパーや小さな飲食店がたくさんあり、平日でもにぎわってます。
「とにかく交通アクセスが良いのが一番」という方や「築浅物件の選択肢が多いほうがいい」という方にはおススメです。
ちなみにこのエリア、住所が「川崎市中原区」になるということも人気の理由になっています。

東急東横線路線図:横浜・元住吉・武蔵小杉・新丸子

東急東横線神奈川エリア:横浜

横浜駅のまわりは中古マンションの戸数が多く、選択肢が豊富なのがリノベーション検討者にとって嬉しいところ。駅周辺もマンションが多く、駅近希望の方にもおすすめです。ただ、ひとくちに横浜駅から徒歩圏内といっても、駅まで平坦なエリアもあれば、急な坂になっているエリアもあります。同じ「駅から徒歩○分」でも、実際に歩いた印象はかなり異なるため、注意が必要です。

交通量が多いため、幹線道路に面している部屋は車の音が気になるかもしれません。二重窓などの防音対策がされているか、物件購入前に確認しておきたいところです。
横浜はなんといってもアクセス抜群でお買いものなどにも便利なエリアであることはご存知の通り。中古購入+リノベーション希望の方にも人気です。

東急東横線横浜駅周辺の中古マンション

東急東横線神奈川エリア:反町・東白楽・白楽・妙蓮寺・菊名

横浜のお隣、反町・東白楽・白楽は、東急東横線の中では戸建て住宅が多く、中古マンションは比較的少ないエリアです。
物件の相場は横浜駅に近い割にそこまで高くなく、その点ではリノベーションと好相性。坂が多い町ですが、そのぶん日当たりや眺望のいいマンションも多いため、見晴らし重視の方に選ばれています。

白楽の商店街は、レトロな雰囲気がリノベーション派の心をくすぐります。途中下車しておしゃれカフェに行く女性も多いようです。大きな公園もあり、子育て中のファミリーに人気です。

妙蓮寺は各駅停車の電車しか止まらないこともあり、物件相場は少し安めなのが嬉しいところ。静かな環境や物件価格を重視する方、下町っぽい雰囲気がお好きな方に人気の街です。

菊名は通勤特急や急行も止まる便利な駅。新横浜駅にも近いため、新幹線をよく使う方は菊名と新横浜の中間あたりが狙い目。ただ、菊名は駅周辺だけが平坦で、あとはどちらに行ってもかなりの急坂! 坂の上は緑がいっぱいで眺望がいいので、眺望重視の方におすすめのエリアです。

東急東横線路線図:反町・東白楽・白楽・妙蓮寺・菊名

東急東横線神奈川エリアの人気の理由が見えてきました

根強い人気の東急東横線神奈川エリアを、3つのエリアに分けて「中古購入+リノベーション」目線でご紹介してきました。駅ごとに異なる雰囲気や環境の情報を、ご自身の理想の暮らしのイメージづくりに役立てていただけたら嬉しいです。

次回はリノベる。のお客さまにも人気の「大倉山・綱島・日吉」を詳しくご紹介していきます。

東急東横線 神奈川エリアでリノベーション向き中古マンション探し【後編】

日吉で開催予定のリノベーション見学会はこちら>>

リノベる。神奈川の情報はこちら>>

関連記事一覧