リノベる。千駄ヶ谷ショールームをご案内!体感型ショールームの楽しみ方、教えます

スタッフノート

リノべる。の「体感型ショールーム」をご存知ですか? リノべる。は、全国29カ所にショールームをご用意しています。今回はスタッフが、「東京・千駄ヶ谷ショールーム」を隅々まで徹底レポートします!

リノべる。スタッフ

では、さっそく千駄ヶ谷ショールームへ!

最寄駅からショールームへのアクセス方法

最寄駅は2つ。JR「千駄ヶ谷駅」からは徒歩約8分。東京メトロ「北参道駅」からは徒歩約5分です。

2970玄関11

千駄ヶ谷ショールームの外観目印は、茶色のタイル外壁と螺旋階段です。千駄ヶ谷の閑静な住宅街の一角にある千駄ヶ谷ショールームは、リノべる。で一番最初にできたショールーム。築年数は38年と、なかなかの年季が入ったマンションです。

いざ、ショールーム内へ

ROOM 01. 広々スペースの「玄関」

2970玄関3

たくさんの観葉植物が、お客様をお出迎え。玄関をゆったりとした広いスペースにすることで、観葉植物を飾るだけでなく、自転車やベビーカーの置き場として活用することもできます。

2970玄関②

土間部分は、タイル貼りです。

ROOM 02. リノベーションならではの「ダイニング&キッチン」

2970ダイニング

玄関入ってすぐは、ダイニングとキッチンのスペースです。

2970ダイニング

ダイニングテーブルは、大工さんが作ってくれた造作家具です。造作家具とは、部屋のサイズや好みのデザインにあわせてオーダーメイドする作り付け家具のこと。リノベる。のお客様も、造作家具をご希望される方が多いですね。選ぶ素材によって価格が調整できる点も魅力です。

2970キッチン

特注の対面式キッチン。一般的なキッチンよりも大きめサイズで横幅270㎝! 背面は全面「鏡張り」になっており、部屋が広く感じられます。

2970キッチン

2970キッチン

4口コンロで、食器洗浄機付き。これは女性にとって嬉しいポイント!

2970キッチン

キッチン背面の鏡は引き戸になっていて、開けてみると……なんと冷蔵庫が! 引き戸の向こうはパントリー(キッチン用収納スペース)だったんですね~。冷蔵庫も入ってしまうほどの大容量。

2970キッチン

わっ!! 配管が通ってます! パントリーにキッチン家電や食器・食料品を収納するだけでなく、配管も収容してしまっています。キッチンスペースをスッキリさせるアイデアです。

ROOM03. 見どころいっぱいの「リビング」

2970リビング

広々とした天井が気持ちいいですね。身長180cmの私ですら、天井に手が届きません。一般的にマンションでは、石膏ボードという板をコンクリートの躯体部分から少し離して貼ることで天井をつくるケースが多いのですが、このショールームでは石膏ボードを貼らず、躯体そのままむき出し(躯体あらわし)に。おかげで空間が通常より広くなっています。躯体あらわしは、武骨な印象なので好みが分かれるところ。ちなみに私は、この雰囲気が好きです。

2970リビング

天井部分は、躯体の上にも取り付け可能なダクトレールを設置し、スポットライト照明を取り付けています。スポットライトは取り外しが可能で、設置場所や光の角度を変えることができます。

2970リビング

こちらは、床。ナラの無垢材フローリングを使用しています。時を経るごとに、風合いの変化が楽しめます。

2970リビング

夏は裸足で、気持ちよく過ごせそう! 自然素材ならではの質感です。

2970リビング

壁は、ヴィンテージ加工のカラフルな板が張り付けてある……

2970リビング

と思いきや、触ってみると「壁紙」でした! 壁の一ヶ所にこのような壁紙を貼ることで、空間のアクセントになっています。

2950リビング

ベットルームに続くドア付近の壁に、ひび割れが…(赤い矢印の右側にうっすらと線が見えるでしょうか)。ドア周辺の壁は開閉時の振動が伝わりやすく、塗装仕上げの壁の場合、ひび割れが表面に出てしまうことも。私は、ひびも使い込まれた味として魅力に感じるのですが、みなさんはどうでしょうか? 壁を塗装仕上げにするのか、壁紙仕上げにするのか、好みに合わせて検討するのがおすすめです。

ROOM04. 心地よい明るさの「ベッドルーム」

2970ベッドルーム

こちらのベッドルームとして設計された部屋。現在はベッドを置かず、ショールームのミーティングスペースとして使っています。

この部屋、実は北向きなんです。しかし二面採光で、窓の外も開けているので明るさは十分。物件選びではついつい「日当たり」を気にしがちですが、「明るさ」での検討もおすすめ。単純に方角にとらわれるのではなく、窓の数や周辺環境(建物が隣接していないか)など、複合的なチェックが大切です。

2970ベッドルーム

これは、建物の骨格となる「コンクリート躯体」です。ここ千駄ヶ谷ショールームでは、リノベーションならではの、塗装していない躯体あらわしの壁を見ることができます。ぜひ躯体あらわしの壁とボード貼りの壁を、同時に見比べてみてください。(よくみると、隙間に断熱材も見えます!)

ROOM05. ホテル風のガラス張り「バスルーム」

2970バスルーム

お風呂・洗面・トイレ3つが同じ空間に。ガラス張りのバスルームは、ホテルのような仕様です。

2970バスルーム

よく見ると、タイルのカタチが「四葉のクローバー🍀」。

2970バスルーム

こちらは、「猫足バスタブ」という浴槽です。映画や雑誌などで目にしますよね。こういったタイプの浴槽下のお掃除ってどうやってするのでしょうか? 主婦目線でチェックしていると、デザイン性だけでなく機能性も気になります。

ROOM06. たっぷり収納「ウォークインクローゼット(W.I.C.)」

2970WIC

さらに奥に進むと、廊下兼ウォークインクローゼットがあります。リノベる。のお客様の多くが、間取りや内装を検討する際に迷われるのが収納スペースの取り方。ショールームでは、実際のサイズや高さを確認できるので、悩んでいる方はぜひ体感してチェックを。

2970WIC

ハンガーパイプの位置、これだと私にはちょっと高いかも…。そんなことも体感できます。

ROOM07. 癒しの「小上がりスペース」

2970小上がり

和室とまでいかなくても、畳スペースが一角にあると落ち着けていいですね。ここで、お昼寝したら、気持ちいいだろうな~。

2970小上がり

小上がりにして段差をつくることで、収納スペースが設けられます。この小上がりには3つも引き出しが! 本やおもちゃ、お布団や毛布など、なんでも収納できそうです。

2970小上がり

小上がりスペースの壁は、片側一面だけをブラウン系の塗装に(写真左)。もともとは、右の写真と同じホワイト系の色でしたが、塗り直して新たな装いの壁に変身。そういったことができるのも塗装の魅力のひとつです。DIYで気軽に塗り直せて、自分好みにできるって素敵です。

All Room. ショールーム内の全体像

ショールーム内をぐるりと一周。

早足ですが、ショールーム内をムービーでご紹介。全体のつくりを感じ取っていただけると幸いです。

おわりに

今回ご紹介したスタッフの、千駄ヶ谷ショールームのおすすめポイント&他の『推しショールーム』をご紹介

大田
「千駄ヶ谷ショールームは、木のぬくもりを感じるアットホームな雰囲気が好きです。そんな私のイチ推しは『埼玉・川口駅東口ショールーム』。 天井高3m、広さ100㎡の開放感が魅力。見どころポイントは「柱のレンガ」と「キッチン周りのタイル」です。ぜひ、川口ショールームへも遊びに行ってくださいね」

島原
「マンションのお部屋に、突如として現れる「建物の骨格となる躯体」を見ることができるのは、千駄ヶ谷ショールームだけ。お越しの際は、ぜひ手で触れてみてください。私のイチ推しは『横浜・関内ショールーム』です。本棚やキッチンの背面棚は見せる収納タイプとなっているので、雑貨好きの私にはたまりません!」

中富
「千駄ヶ谷のショールームは、白を基調として木の素材感が感じられるのが特徴的。とても居心地がよい空間です。私の推しショールームは渋谷駅から徒歩圏内の『東京・桜丘ショールーム』。雰囲気たっぷりのヴィンテージマンションの一室をリノベーションした空間です。中古マンションならではの良さを感じてみたい方は、ぜひ足を運んでみてください」

2970 スタッフ3人

リノベる。のショールームは、それぞれ異なるデザイナーが設計をしています。ショールームごとに特徴があり、個性がキラリと光るショールームばかり。ぜひお気軽に、リノべる。のショールームに遊びに来てください。私たちも、みなさんのお越しをショールームでお待ちしております!


ショールームをのぞいてみる

リノベる。千駄ヶ谷ショールーム(東京)の詳細はこちら

リノベる。千駄ヶ谷ショールーム(東京)のセミナーに参加したい方はこちら

リノベる。ショールーム一覧はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧