キッチンリフォームの費用相場は?コストを抑えたいときのポイントも解説

壁付けキッチン
キッチン

キッチンのリフォームを検討中の方は、費用についてお悩みになる場合も多いでしょう。工事にはいくらかかるのか、できるだけ安く抑える方法はないのかなど、気になるポイントが多々あるのでは。この記事では、そんな方に向けて、キッチンリフォームの費用相場や費用を抑えたい場合の考え方などを解説します。また、工事を依頼する際の注意点も紹介するので、ぜひ最後までご覧になってください。

目次

キッチンリフォームにかかる費用相場と内訳

キッチンリフォームにかかる費用の相場は、およそ50~150万円です。ただし、素材のグレードや既存の状態、施工内容や範囲などによって大きく変わるため、あくまで目安として考えておきましょう。
また、エリアによっても費用は異なるため、詳しくは見積もりを取って確認することをおすすめします。費用の主な内訳は次の通りです。

キッチンの本体価格

工事の総額を大きく占めるのは、新しいキッチンの本体価格です。価格は、素材や機能性などによって異なります。また、オーダーメイドでオリジナルのキッチンをつくるか、もともと一体型になっているシステムキッチンから選ぶかでも価格は変わります。キッチン本体のグレードによっても価格帯が異なり、シンプルの場合は50万円~80万円ほど、ハイグレードとなると100万円以上かかるケースもあります。

木のぬくもりを感じられるキッチン

リフォームの工事費

キッチンリフォームには、キッチン本体の費用だけでなく、次のような工事費も必要となります。

既存キッチンの解体・処分費用

既存キッチンの解体や処分にかかる費用は、既存の状態や工事の内容にもよりますが、およそ10~30万円となります。

キッチンの移動時に行われる内装工事にかかる費用

キッチンを移動させる際は、床や壁を補修する内装工事が必要です。この内装工事にかかる費用は、施工範囲や内容にもよりますが、5~25万円ほどの場合が多いです。

また、キッチンを別フロアへ移動させるなど配置を大きく変更する場合は、費用が高額になることも覚えておきましょう。

電気・ガス・給排水管・換気ダクトの工事費用

キッチンをリフォームする場合、次のようなインフラまわりの接続工事の費用も必要になります。

  • 電気配線
  • ガス管
  • 給排水管
  • 換気ダクト

付帯工事にかかる材料費

リフォームでキッチン本体を移動したり、型を変えたりする場合は、周辺の床や壁も工事することになります。そのため、追加で床材や壁材などの材料費や施工費もかかります。

キッチンと白いポット

マンションの場合は床下の構造と管理規約をチェック

マンションは、床下の構造によって配管が動かせる場合と、動かせない場合があります。なお、排水管に傾斜をつけられない場合は、水の流れが悪くなることから、基本的にキッチンの移動はできません。キッチンの床の高さを上げるなどの工夫で対応することも可能ですが、そのぶん費用は高くなります。

また、床材の変更やコンロからIHコンロへの変更なども、マンションの管理規約によってはできないことがあります。あらかじめこれらの点を確認したうえで、リフォームの内容を検討するようにしましょう。

そのほか、工事に必要な材料の運搬費は、階数やエレベーターの有無によって変動するため注意しましょう。     

白と黄色の鳩時計

キッチンリフォームの費用を抑えたいときに考えるべきポイント

キッチンリフォームの費用を抑えたい場合に考えるべきポイントを紹介します。まずは自身のライフスタイルを考えながら、リフォームで実現したいことに対して優先順位をつけましょう。そのうえで、次に紹介する4つの内容を参考に依頼しましょう。

必要に応じてグレードの低いタイプを選ぶ

キッチンに設置する部材のグレードを低くすると費用を抑えられます。ただし、必要な機能までも諦めてしまうと、後悔することもあるでしょう。
そのため、自身や家族の要望をまとめて、優先順位を決めてから計画することをおすすめします。

キッチンを移動させない

既存の場所とは別の場所にキッチンを移動してリフォームすると費用が高くなります。配管の移動や間取りの変更といった作業により工事の規模が大きくなるためです。
また、工事にかかる日数が増えれば、人件費もその分かかることになります。

キッチンを移動させることで家事動線がよくなったり、部屋の雰囲気が変わったりする場合があります。しかし、重要度が低いのであれば、キッチンは移動させない方が費用を抑えられるでしょう。     

白いキッチンとダイニングテーブル

既存のキッチンと同じタイプを選ぶ

既存のキッチンと同じタイプのキッチンを選ぶと価格を抑えられます。たとえば、キッチンが壁付けに配置されているⅠ型からアイランド型に変更した場合、配管の位置が変わることがあります。そうすると、工事の規模が大きくなり、費用は高くなります。

一方、既存と同タイプのキッチンにすれば、比較的、大掛かりな工事が不要となり、費用を抑えられるのです。

アウトレット品や旧型のモデルを選ぶ

ショールームなどで展示されていたアウトレット品や旧型モデルのキッチンを選ぶと、費用が抑えられます。
ただし、アウトレット品の場合、サイズ変更や色の変更ができなかったり、保証期間が短くなっていたりする場合もあるため、購入前によく確認しましょう。

I型キッチン

キッチンリフォームの見積もり依頼の注意点

キッチンリフォームの見積もりをお願いする際は、業者を複数社選んだのちに、相見積もりを依頼するのが一般的です。

そこで本章では、業者ごとの特徴や、相見積もりを依頼する際の注意点などを解説します。

(1)業者選び

まずは、以下の3タイプのリフォーム会社から、依頼する業者を選びます。それぞれの特徴を把握したうえで、自分に合った会社を選ぶことが大切です。

  • ハウスメーカー
  • リフォーム専門業者
  • 工務店

ハウスメーカー

ハウスメーカーは新築工事だけでなく、リフォーム工事を行っている場合もあります。特に、戸建ての場合、物件の建築を担当したハウスメーカーに依頼すると、建物の工法を熟知しているため失敗が少ないです。また、アフターサービスが充実しているのもメリットとなります。

ただし、施工は下請け業者に依頼する場合が多いため、中間マージンが発生するぶん、費用は高くなる傾向にあります。

リフォーム専門業者

リフォームの専門業者はリフォーム全般を請け負っている場合と、水回りのみなど特定の分野に特化してリフォームを行っている場合があります。後者の場合、その道のスペシャリストに依頼できる点がメリットだといえます。あらかじめホームページで得意とする分野や実績などを確認し、キッチンリフォームの目的に合った会社を選ぶようにしましょう。

工務店

工務店は地域に根ざした営業を行っています。職人と直にやりとりできる場合が多いため、細かなこだわりも伝えやすいでしょう。
また、地域内での評価を大切にしているため、親身に対応してくれる場合が多いです。自社施工の場合は、中間マージンがかからず、費用が安い傾向にあります。

ただし、デザイナーを雇っていない会社の場合、希望通りのデザインにならないこともあります。

タイルの壁とキッチン

(2)相見積もりを取る

次に、2~3社に絞って相見積もりを取りましょう。相見積もりとは、複数社に見積もりを出してもらって比較検討することです。
見積もりをお願いする際は現地調査があるため、図面があれば用意しておくとよいでしょう。また、以下のような内容を整理して伝えるようにしましょう。

  • リフォームしたい範囲
  • 希望のグレード
  • 既存のキッチンに対する不満や要望

それぞれの会社に伝える内容が異なると、比較検討ができないため、できるだけ同じ条件で見積もりを取ることが大切です。

まとめ

キッチンリフォームに必要な費用は、キッチン本体の価格と工事費によって決まります。そのため、費用を抑えたい場合は、キッチン本体のグレードを下げたり、大規模な工事が発生しないように工夫してみましょう。ただし、費用を節約するために、必要な機能や希望する配置を我慢するのは本末転倒です。したがって、キッチンのリフォームで叶えたい条件に優先順位を決めておくことをおすすめします。予算も考慮しつつ、施工の担当者とよく相談して、理想のキッチンにリフォームしましょう。

ピックアップ記事
関連記事一覧