【3LDKのリノベーション】費用相場やポイントは?事例も紹介

躯体現しの天井の部屋
間取り・部屋別

3LDKはファミリー層に人気のある間取りです。より暮らしやすくするために、ライフスタイルや家族構成の変化に合わせてリノベーションを検討する方もいらっしゃることでしょう。そこで今回はマンションの内容を中心に、3LDKの間取りでリノベーションする際の費用や知っておきたいポイントなどをご紹介します。

目次

3LDKの間取りの特徴

3LDKとは居室3つとLDK(リビング・ダイニング・キッチン)がある間取りのことで、60㎡以上の広さであるのが一般的です。開放感のあるLDKがあり寝室や子供部屋を確保しやすいことなどから、ファミリー世帯に人気があります。LDKの広さの目安は不動産公正取引協議会により、以下のように定められています。

居室(寝室)数

DK

LDK

1部屋

4.5畳以上

8畳以上

2部屋以上

6畳以上

10畳以上

これによると3LDKの間取りの場合、LDKの広さは10畳以上です。平米数にすると16.2㎡以上。これは1畳の広さを1.62㎡とした場合の平米数です。ダイニングテーブルや比較的大きめのソファを置いても余裕のある広さといえるでしょう。ただし同じ10畳でも、平米数が異なる場合があります。これは地域により1畳の広さが異なることがあるためです。そのため目安としてお考えください。

シンプルな部屋

3LDKの間取りが向いている人

3LDKは「夫婦ふたり+子供ひとり~ふたり」や、「夫婦ふたり+子供ひとり+親(義親)」などの家族構成の世帯に向いている間取りです。3部屋のうち1部屋を夫婦の寝室にすれば、残り2部屋を子供部屋や親(義親)の部屋にすることができます。

夫婦のみのふたり暮らしの場合は、部屋の使い方が決まっているのであれば快適に生活できるでしょう。たとえば1部屋を夫婦の寝室にして、残りの2部屋を収納用の部屋や趣味の部屋、ゲストルームにしたいという場合は3LDKの間取りが向いています。

また、3LDKなら夫婦の寝室を別の部屋にすることもできるので、それぞれ個室がほしいという方にもおすすめです。 

室内窓があるLDK

3LDKのリノベーション費用

3LDKのリノベーションに必要な費用は、どの程度なのでしょうか。次のポイントをふまえながら紹介します。

費用を考える前に知っておきたいポイント

リノベーションの費用は、さまざまな条件によって決まります。施工面積が広い場合はそのぶん使用する資材が増えるため、費用が高くなります。また工事の規模が大きいほど費用がかかるのが一般的です。間取り変更を行わず、主に床や壁の張り替えなどを行う表層替えよりも、床や壁、天井をすべて撤去して骨組みの状態からつくるスケルトンリノベーションのほうが費用は高くなる傾向があります。そのほか、使用する素材や設備のグレードによっても異なりますし、エリアが変われば人件費などにも差が出ます。

また、間取りも費用に影響する要素のひとつです。間取りが増えるとその分、壁や建具などが増えるため費用が高くなる傾向があります。しかし、同じ間取りの3LDKでも面積が異なれば費用も変わってきます。そのため、ここでは、面積を基準において費用を算出していきます。

白い部屋

3LDKのリノベーション費用の目安

マンションの場合、リノベーションの費用相場は1㎡あたり約15万円といわれています。また、大幅にレイアウトを変更したり、グレードの高い設備を選んだりした場合の費用相場は1㎡あたり約25万円が目安です。したがって、3LDKのマンションの面積は60㎡~100㎡であることが多いので、一般的なリノベーション費用は900万円~1,500万円程度が相場といえるでしょう。間取りを大幅に変更をする、グレードの高い設備を導入するなど、こだわった場合は、1,500万円~2,500万円以上が相場といえます。

なお、以下のページでは、当社のお客さまの実例をもとに、リノベーションの費用相場を面積ごとにまとめていますので、気になった方はご覧ください。

▼関連記事
『リノベーションって、費用はどのくらいかかるもの?』

住宅と費用のイメージ

3LDKのリノベーション工事の内容

3LDKのリノベーション工事の内容はさまざまありますが、間取りを変更する場合は、スケルトンリノベーションを行います。スケルトンリノベーションとは床、天井、壁などをすべて撤去して、建物の骨格部分を残した状態からつくりなおすことをいいます。

そのほか、給排水管の改修やボイラーの設置などを行う設備工事、照明の取り付けやコンセントの増設などを行う電気工事などを行うことが一般的です。また、内装の工事を行い、建具や天井、壁に塗装を施したり、床材や壁紙などを張ったりします。

マンションの場合、共用部分のリノベーションは個人の判断でできないため注意が必要です。あらかじめリノベーションできる範囲を管理組合に確認する必要があります。また、マンションの構造によっては、撤去できない壁もあるので、あわせて確認しておくとよいでしょう。

リノベーション工事

3LDKのリノベーションで知っておきたいポイント

3LDKの部屋は、一般的に3~4人家族に向いていますが、将来、子供が成長して独立した場合は部屋が余ってしまうかもしれません。そこでポイントとなるのが、居住する家族の人数やライフスタイルの変化に合わせてフレキシブルに対応できる部屋にすることです。

たとえば、LDKと子供部屋が壁や開き戸で仕切られている場合は、仕切りを引き戸にするのがおすすめです。子供部屋が不要になった場合、引き戸を開放したり、取り払ったりすることによりLDKを広く使うことができます。このように、将来の居住家族やライフスタイルが変化した場合でも対応できる間取りづくりを意識するとよいでしょう。

引き戸の個室とリビング

3LDKのリノベーション事例

最後に実際のリノベーション事例を5つご紹介します。イメージを膨らませる参考にしてみてください。

家族と同じ空間で過ごしたい!毎日の会話がはずむ間取り

家族の会話が行き交う空間がコンセプトの部屋

おうちづくりのコンセプトは「家族の会話が行き交う空間」。キッチンは対面式にして、LDKの一角にはロフトスペースを設けるなど、家族で会話を楽しみやすい間取りにしました。寝室であるロフトスペースには子供用の勉強机を設置。お子様の成長にあわせて、将来は個室として使えるように設計されています。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
家族の会話が行き交うミニマル空間
https://www.renoveru.jp/renovation/333

仲良し家族&猫でシェアハウス気分を満喫

仲良し家族&猫でシェアハウス気分を満喫

家族一人ひとりの希望をそれぞれ叶えた個室をつくり、シェアハウスのような生活を実現しました。家族が集うLDKは、奥様のこだわりが詰まったステンレスのキッチン、ヘリンボーンの床、収納力のある小上がりなど、居心地よく過ごせる工夫が随所に見られます。さらに猫専用の出入り口を設け、猫目線でも暮らしやすいおうちが完成しました。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
一人でみんなで。シェアハウス気分で暮らす
https://www.renoveru.jp/renovation/306

自然素材に囲まれたフレキシブルな間取り

自然素材に囲まれたフレキシブルな間取り

LDKの壁一面に広がる本棚が間仕切りの役割を果たしている、こちらのお住まい。床材にはオークの無垢材などの自然素材を使い、素足に心地よい空間を実現しています。子供部屋はドアがなく、リビングやキッチンから子供の様子が見えるようになっています。子供の成長に合わせて、後から壁やドアを設置できる仕様になっているのです。将来を見据えてつくられた、フレキシブルな間取りといえるでしょう。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
LDK一面の間仕切り本棚と、男たちの秘密基地
https://www.renoveru.jp/renovation/275

ボール遊びOK!?子供たちが伸び伸びと過ごせる家

壁一面に造りつけの本棚があるおうち

スケルトン状態の物件を3LDKの間取りでリノベーションしたお住まい。スケルトン状態での物件引渡しだったため、解体費を安く抑えられました。ボール遊びができるほど広々としたLDKがとても印象的。リビングには、壁一面に造りつけの本棚を設置。家じゅうの本をこの本棚に集めて、子供がいろんな本を自然と手にとる機会が増えればという奥様の想いが込められています。子供部屋には可動性のある間仕切りを設置し、将来は2部屋に分けられるようになっています。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
子供がやんちゃになれる幸せ空間。
https://www.renoveru.jp/renovation/179

季節や子供の成長に合わせて模様替えを楽しめる家

季節や子供の成長に合わせて模様替えを楽しめる家

さまざまなスタイルのインテリアを楽しめるように、白をベースにしたシンプルな内装のお住まい。子供たちにはそれぞれ個室を用意し、自立心が育まれる間取りになっています。キッチンは壁付けにして、LDKは家族4人がくつろげる広さを確保。ハンモックを設置したり、壁の一部に黒板塗装を採用するなど、子供たちがリビングで過ごしたくなる仕掛けが満載です。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
模様替えが楽しみになる家
https://www.renoveru.jp/renovation/261

まとめ

3LDKのリノベーションでは将来の家族構成やライフスタイルの変化を考慮した間取りにすることがおすすめです。また、実現したい要望に優先順位をつけ、予算をふまえてプランを考えるとよいでしょう。ご紹介した事例も参考にしながら、理想の住まいのイメージを膨らませてみてください。

費用に関する情報について
見積内容や地域により異なることがあります。また、面積や設備のグレードなどにより費用は変動します。
正確な金額をお知りになりたい場合は、各業者へ見積もりを依頼することがおすすめです。

ピックアップ記事
関連記事一覧