おしゃれは床から。憧れの「ヘリンボーン」のフローリングがある家

こだわり・暮らし方

お部屋の印象を決める上で、壁や天井と並んで大きな要素を占めるのが「床」。自分の思い通りにできるとしたら、どんな色や柄にしようか……と想いを巡らせたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、おしゃれな人がこぞって選ぶ「ヘリンボーン」の床がある家。好きなインテリアをより素敵に見せてくれる空間づくりに興味がある方は必見です。

ヘリンボーンとは

ヘリンボーンの床

「ヘリンボーン」とは、山形と谷型が連続する模様のことです。英語で「ニシン(herring)の骨(bone)」という意味があり、柄が魚の骨の形に似ていることからこう呼ばれるようになったといわれています。

高級感と上品さがありながら親しみが感じられるおしゃれなデザインは、ファッションやインテリアなど多くのシーンに取り入れられています。リノベーションで使われるのは「ヘリンボーン張り」という、フローリングの張り方の一種。たくさんの木目が交差した、重厚感のある個性豊かな表情がとても魅力的です。

「リノベーションをするなら絶対に取り入れたい」という声も聞かれるほど、インテリア好きには人気の高いヘリンボーンの床。どのように取り入れているのか、実例を見ていきましょう。

リノベーションで叶えた「ヘリンボーン床」のある家

Case.1  リビングを彩る、迫力満点のヘリンボーン

ヘリンボーンの床1

窓の前に明るい森が広がる、気持ちのよい1LDK+WIC。四季の移り変わりの美しさを感じながら木漏れ日を楽しめる、マンションには珍しい「緑と共に暮らす」空間づくりが施されたお家です。

ヘリンボーンの床のリビング

広々としたリビングダイニングに広がる「ヘリンボーン」の床は、一度に見える面積が大きく、ダイナミックで芸術的な雰囲気。おうちの中でたくさんの「木」を感じられ、室内にいながら森の中にいるような気分を味わえます。

▼このおうちをもっと見る
https://www.renoveru.jp/renovation/172

Case. 2 「好きな色」と楽しむヘリンボーン

ヘリンボーンの床とグリーンの壁

アパレル関係のお仕事をなさっている女性がお住まいのこちらのワンルーム。ビビッドなグリーンの壁とホワイトのアーチに組み合わせた「ヘリンボーン」の床は、まるで海外の映画のワンシーンのよう。好きな色を上手に取り入れた、絵になる空間です。

▼このおうちをもっと見る
https://www.renoveru.jp/renovation/52

Case.3 ヴィンテージテイスト×ヘリンボーン

ヘリンボーンの床のリビング2

「プライベート図書館をつくりたかった」というご夫婦がお住まいの2LDK。天然木の建具を活かしたヴィンテージテイストのインテリアがセンスよく置かれています。
ヘリンボーンの床のリビング3

リビングの壁は、旅先で撮った写真を飾るギャラリースペースとして活躍。クールな印象を持つコンクリートあらわしの壁にヘリンボーンの床を組み合わせることで、どこかあたたかみの感じられる空間に仕上がっています。

▼このおうちをもっと見る
https://www.renoveru.jp/renovation/205

インテリアが映える「床」選びを楽しもう

個性的な柄でありながら、さまざまなテイストや色と合わせやすい「ヘリンボーン」。お部屋全体に使うのはもちろん、玄関や個室など一部に取り入れるだけでも素敵なアクセントになってくれます。また、同じフローリングの張り方でも、床材によって印象は大きく変わってきます。

映画や雑誌に出てくるおうちや、おしゃれなショップの「床」に注目してみると家づくりのヒントが見つかるかもしれません。あなたのお部屋をより魅力的に見せてくれる「床」、ぜひ探してみてくださいね。

▼「床材」についてのおすすめ記事はこちら

やっぱり無垢材!樹の種類から選び方まで、無垢材の基礎知識まとめ

【保存版】無垢フローリングの張り方カタログ(全8パターン)

リノベる。は、なぜ「無垢材のフローリング」をおすすめするのか?


「理想の家」を一緒に考えませんか

リノベセミナー開催

リノベる。では、全国で楽しいイベントを開催中。実際にリノベーションしたおうちの見学会やリノベ向き物件のかしこい買い方講座、設計士と話ができるプランセミナーなど、多種多様な事例をまじえてご説明します。

具体的なプランをお持ちの方はもちろん、将来にむけて情報収集をしたい方も歓迎です。
どなたでもお気軽にご参加ください。こちらから、リノベーションのことがよくわかる資料も無料でご請求いただけます。

 

関連記事一覧