インテリア好き必見。リビングソファで見るリノベーション事例9選

デザイナーズ家具の代名詞・コルビュジエのソファが引き締めるリビング。
こだわり・暮らし方

リビングで最も存在感のある家具であり、空間のインテリアを左右する「主役」と言えるソファ。フォルム、カラー、素材、座り心地……選ぶ基準はさまざまですね。リビングのソファに着目した、リノベーション事例を紹介します。

こだわりのヴィンテージソファがあるリビング

1 アメリカン・ヴィンテージを感じるACMEの家具でコーディネート

アメリカン・ヴィンテージを感じるソファ

60~70sのアメリカン・ヴィンテージ家具にこだわったACME Furnitureのソファが佇むリビング。こちらにお住まいの男性がひとめぼれしたのはACMEのWINDAN SOFA。深みのあるモスグリーンのファブリックが重厚感を漂わせ、フォークロア調のラグもオールドアメリカンを感じさせています。室内の家具は、ほぼACMEでトータルコーディネートしました。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/83

2 オイルレザーの質感がラグジュアリーにもなるACMEのソファ

オイルレザーの質感がラグジュアリーにもなるACMEのソファ。

こちらも同じく、ACME FurnitureのFRESNO SOFA。アメリカ産レザーを使用したヴィンテージスタイルのソファです。オイルレザーの質感が漂うフォルムは、まさにリビングの主役と言えるほどの存在感。ヴィンテージ空間に似合うソファですが、このお住まいのようにきれいめのお部屋との相性もよくラグジュアリーな雰囲気にも。幅広のアームに本やノートパソコンなどを置けるのも便利です。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/91

3 三種のマテリアルの質感を楽しむ、journal standard Furnitureのソファ

三種のマテリアルの質感を楽しむ、journal standard Furnitureのソファ。

journal standard Furnitureでトータルコーディネートされたこちらのお住まいには、ヴィンテージ感の漂うLAVAL SOFA。シートにレザー、アームに木、レッグにアイアンと三種のマテリアルがミックスされ、異なる質感を楽しめるのが特徴。ダメージ加工が施されたソファは、土間がそのままフロアになったハードな空間になじみます。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/66

デザイナーズソファのあるリビング

4 デザイナーズ家具の代名詞・コルビュジエのソファが引き締めるリビング

デザイナーズ家具の代名詞・コルビュジエのソファが引き締めるリビング。

都心のライフスタイルを楽しむこちらのご夫婦のリビングソファは、デザイナーズ家具の代名詞とも言えるコルビュジエ LC3のリプロダクト。直線のシャープなフォルムにボリュームのあるクッションは、デザインと機能を兼ね備えた逸品。黒いソファがリビング空間をスタイリッシュに引き締めています。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/107

長く愛せる、質の高い国産ソファのあるリビング

5 カリモク60が佇むレトロモダンのリビング

カリモク60が佇むレトロモダンのリビング。

こちらのレトロモダンなリビング空間に佇むのは、国産ブランド家具で根強い人気のカリモク60。レコードプレーヤーが置かれているアンティーク調のチェストにも合うモケットグリーンのカラーをセレクトしました。お住まいの男性がお好きな音楽や本に包まれて、至福な時を過ごせる大人のリビング空間です。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/143

6 国内生産にこだわる冨士ファニチアのスタイリッシュなソファ

国内生産にこだわる冨士ファニチアのスタイリッシュなソファ。

こちらのクールなお住まいのソファは、冨士ファニチアが北欧をイメージしたシリーズとして展開するTapio。アームのRラインが特徴のスタイリッシュなデザインです。かつての船大工の技を継ぎ、国内生産にこだわる徳島の家具メーカーならではの完成度。深い木のアームと黒のファブリックが、ハードな空間に温かみを添えています。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/87

人気ショップのソファがあるリビング

7 背のラウンドとツートンカラーがスタイリッシュなIDEEのソファ

背のラウンドとツートンカラーがスタイリッシュなIDEEのソファ。

ヴィンテージ調の無垢フローリングに似合う、スタイリッシュなリビングソファはIDEEのDIVANCO SOFA Round。丸い背もたれとブラック×ホワイトのツートンカラーが印象的です。スマートなフォルムが軽やかさを演出し、空間を広く感じさせます。家族団らんのリビングにも、お客様を招くパブリックスペースにもぴったりのソファです。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/55

8 クールなテイストにも似合う、デザインと機能性が両立したIKEAのソファ

クールなテイストにも似合う、デザインと機能性が両立したIKEAのソファ。

リノベーションらしいクールなテイストのリビング空間に、IKEAのコーナーソファ・SÖDERHAMNをコーディネート。奥行のあるソフトなシートは座り心地も快適です。IKEAのファニチャーの魅力は、デザインもさることながらフレキシブルな機能性。ユニットを自由に組み替えられるから、単独でも使えて重宝します。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/118

9 北欧テイストを演出するunicoのファブリックソファ

北欧テイストを演出するunicoのファブリックソファ。

奥さまがお好きな北欧テイストのインテリアを演出したお住まいのソファは、リビングドアのブルーとコーディネートしたunicoのファブリックソファ。このリビングはご夫婦共に一番お気に入りの場所。ご主人はワークスペース代わりにして、奥さまはソファでくつろぐのがお好きだそう。ご夫婦の素敵な団らん空間を彩るソファです。

▼このおウチの詳細はこちら
https://www.renoveru.jp/renovation/151

ソファはリビングの主役。眺めて触れて一番しっくりくるものを。

ソファに着目したリビングスペースの特集はいかがでしたか? 憧れのブランド家具で彩ったり、確かなプロダクトのデザイナーズ家具をセレクトしたり、そのお住まいならではパーソナリティがうかがえます。ソファは家族が一番長い時間を過ごすリビングの主役。いろんなソファを実際に眺めて触れて、一番しっくりくる「相棒」を選びたいものですね。

 

◎リノベーションのことがよくわかる「リノベる。ファイル」を無料プレゼント中

関連記事一覧