洗面台リフォームの費用相場と工期の目安は?注意点、事例も紹介

デザイン性の高い洗面台
洗面所

洗面台のリフォームはどの程度の費用がかかるのでしょうか。工事内容ごとに費用相場や工期の目安について解説します。また、洗面台のリフォームをする際に注意したい点や、理想の洗面台を実現した事例についてもご紹介します。

目次

洗面台リフォームの費用相場と工期の目安

洗面台リフォームの費用相場や工期の目安は、リフォームを検討するエリアや工事の規模、リフォーム前の状態、施工業者などによって異なります。しかし、ある程度の目安が分からないと困るという方もいらっしゃるでしょう。ここでは参考となるよう、一般的な金額をご紹介します。

洗面台のみを交換する場合

洗面台の交換にかかる費用は、だいたい10万円〜25万円ほどです。新しい洗面台の本体価格や工事費に加え、古い洗面台の処分費用などもこの中に含まれています。本体価格は、洗面台のサイズや、材質、グレードなどによって異なります。

グレードはローグレード、ミドルグレード、ハイグレードの3種類に分けられることが一般的です。グレードが上がるほど、機能性やデザイン性が高くなります。最低限の機能が備えられたローグレードの洗面台に交換する場合は、13万円以下に抑えられる場合が多いでしょう。しかし、収納が多く、デザイン性も高いハイグレードのものであれば、20万円を超える場合もあります。

そのため、使用する人数や生活スタイルに合った洗面台を選ぶとよいでしょう。なお、工期は1日です。

一般的な洗面台

内装工事も同時に行う場合

せっかく洗面台を取り替えるのであれば、一緒に洗面所の内装工事も行いたいと考える人もいるでしょう。その場合、洗面台本体の価格と交換費用のほか、以下のような工事の費用が加わります。

  • クロス張り替え、床張り替え:4万円~5万円
  • キャビネット:1万6,000円〜7万7,000円
  • 鏡の曇り止め:2,000円~3,000円

工期は1日〜4日程度です。

洗面台を移動する場合

洗面台の場所を移動したい場合は、洗面台の取り替えと比べると多くの費用がかかります。配管工事や電気の配線工事が必要となるためです。洗面台の位置を変更するために行う給排水管工事の費用相場は4万円以上です。照明や電源、コンセントの移動のための電気改修工事は3万円以上と考えておきましょう。

そのほか、移動に伴う床や壁の補修なども必要です。工事費用は20万円~30万円程度、さらに洗面台の本体費用を加えた金額が相場になります。工期は1日〜3日程度です。

内装にこだわった洗面台

洗面台のリフォームを検討するタイミング

洗面台のリフォームのタイミングとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 蛇口や洗面ボウルの破損
  • 水栓や配管などの洗面設備が耐用年数に近づいている、または超えている
  • 家族構成に変化があった

蛇口の破損は、部分交換でも修理できる場合もありますが、破損のレベルによっては本体を交換しなければならないこともあるでしょう。また、洗面ボウルは劣化だけでなく、ものが落下してヒビが入ったり割れることもあります。

洗面設備の耐用年数にも注意が必要です。一般的には15~20年程度ですが、使用頻度が高ければ短くなることもあります。子供が生まれる、二世帯で暮らし始めるなど、家族構成が変わった場合も、そのときのニーズに応じて、リフォームを検討するとよいでしょう。

洗面台リフォームを行う上での注意点

洗面台のリフォームを行うときには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。知っておきたいポイントをご紹介します。

設置スペースのサイズ

洗面台を設置できるスペースは限られています。以前と同じサイズの洗面台でよい場合もあるかもしれませんが、家族構成や使い方の変化によってもっと広い洗面ボウルが必要になる場合もあるでしょう。事前に設置スペースのサイズを計っておくようにしましょう。

洗面所にギリギリのサイズを選んでしまうと、脱衣スペースとしての使い勝手が悪くなってしまいます。少し余裕を持ったサイズを選ぶほうがよいでしょう。

落ち着いたデザインの洗面台

給排水管に対応しているか

洗面台の下には給排水管が通っており、新しい洗面台が自宅の給排水管に対応していない場合は、新たに配管工事を行う必要があります。そのため、新たな洗面台を選ぶときには、給排水管に対応しているか確認するようにしましょう。

また、給排水管が対応していたとしても、位置によっては設置ができないこともあります。事前にリフォーム業者に確認してもらうことをおすすめします。

洗面台の高さ

洗面台は毎日使うため、見た目のおしゃれさだけでなく、使い勝手も考えながら選びたいところです。特に洗面ボウルまでの高さが身長に対して低すぎると、腰に負担がかかります。逆に高すぎると、洗顔の際に水が腕を伝って、ひじまで垂れてしまうというデメリットも。そのため、家族の身長に合った高さを選ぶことをおすすめします。

基本的には「身長÷2」の高さがちょうどよいと言われています。家族の身長もそれぞれ異なりますが、極端に高さが合わないものは選ばないようにしましょう。

シンプルでデザイン性の高い内装の洗面台

洗面台のリフォーム費用を抑えるための方法

洗面台のリフォーム費用を抑えるために知っておきたいポイントについてご紹介します。

メーカーにこだわらない

洗面台はサイズやグレードが同じであっても、メーカーによって本体価格が異なります。メーカーを限定してしまうと、費用を抑えにくくなることも。各社、機能性やデザイン性にこだわっているため、まずは複数社に見積もりをとって比較することをおすすめします。

補助金を活用する

洗面台をリフォームする理由はさまざまですが、条件に当てはまれば、補助金を活用することもできます。洗面台だけでは難しいですが、お風呂と一緒にリフォームすることで、以下の補助金を利用できる可能性があります。

  • 国からの補助金
  • 地方自治体からの補助金
  • 介護保険の補助金

国からの補助金は、国土交通省が実施する、長期優良住宅化リフォーム推進事業が該当します。経年を含めた劣化対策や、省エネ性能向上、耐震などを目的とした工事が対象です

お住まいの地域によっては、自治体がリフォームに関する補助金制度を実施している場合もあります。補助金の金額や支給の条件などは各自治体によって異なるため、お住まいの市区町村のホームページで、確認するようにしましょう。

介護保険の補助金は、介護が必要となった場合に利用できる可能性があるでしょう。利用者が要介護認定されている場合には、ソーシャルワーカーなど専門家に相談してみるとよいでしょう。

木のあたたかみが感じられる洗面台

洗面台のリフォームはDIYでできる?

大がかりなリフォームではなく、少し雰囲気を変えたいなど、簡単なリフォームであればDIYで行うのもよいでしょう。壁にタイルシールやリメイクシートを貼ったり、自分好みの鏡に交換したり、デザイン性のある照明にすることで空間のイメージを変えることができます。

ただし、仕上がりにこだわりたい場合は業者に依頼したほうがよいでしょう。また、給水装置などの水漏れなどのトラブルにつながりやすい箇所は業者に依頼することをおすすめします。

【事例】リノベーションで理想の洗面台に

洗面台のリフォームにあわせて、内装のデザインや間取りも一緒に変更したい場合は、おうち全体をリノベーションするのがおすすめです。実際におうち全体をリノベーションすることで理想の洗面台を実現した事例をご紹介します。

リゾートホテルをイメージした洗面台

リゾートホテルをイメージした洗面台

玄関の正面に配置された広々とした洗面スペースは、お気に入りのリゾートホテルをイメージして設置されました。大きな鏡と長い洗面スペースは開放感と高級感に溢れています。玄関から洗面台を通り抜けてLDKに行くことができ、生活動線に沿った間取りになっていることもポイントです。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
住み慣れた我が家を、快適で便利なスマートホームに
https://www.renoveru.jp/renovation/327

暮らしに合わせた配置とデザインにこだわった洗面台

ポップなデザインの洗面台

洗面スペースは空間の中央にある廊下に設置。水回り、LDK、玄関、ウォークインクローゼットを回遊できるようになっており、帰宅後の着替えや手洗いなどのルーティンに沿う形で設計されています。水栓以外のパーツは奥様ご自身で手配。既製品にはない個性的なデザインの洗面台に仕上がりました。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
映える洗面スペースが真ん中にあるご夫婦のおうち
https://www.renoveru.jp/renovation/320

使い分け可能なふたつの洗面台

来客用の洗面台

料理が趣味のご夫婦。料理を囲んで人が集まれる家にしたいと、玄関の正面にキッチンを配置しました。洗面所は2つあり、来客用のものは、キッチンの壁を隔てたオープンなスペースに設置。プライベート用の洗面所は扉のある場所に設置して、使い分けをされています。朝の忙しい時間帯は、両方の洗面台をご夫婦それぞれが利用することも。時短につながっているそうです。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
料理で迎える「ウェルカム・キッチン」
https://www.renoveru.jp/renovation/301

カラフルなタイルが目を引く洗面台

カラフルなタイルが目を引く洗面台

泊まれるレストランのような空間をイメージしてリノベーションされた、こちらのお住まい。廊下に設置された洗面スペースは、洗面ボウルを囲うようにカラフルなタイルが貼られ、目を引く存在に。また、ウォークインクローゼットの近くに設置することで、朝の支度がスムーズに行えるようになっています。

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
日常も非日常も楽しめる。泊まれるレストラン
https://www.renoveru.jp/renovation/294

洗面台リフォームについてのよくある質問

洗面台のリフォームについて、よくある質問についてお答えします。

賃貸でも洗面台をリフォームできる?

大家さんの了承を得られれば、賃貸でもリフォームすることができます。しかし、退去する際に、原状回復が必要となる場合もあるため、必ず事前に確認するようにしてください。

業者に見積もり依頼する際のポイントは?

見積もりは1社に限定せず、同条件にて複数社から取るようにしましょう。同じ内容であっても、業者によって金額は異なります。また複数の業者から提案がもらえることもメリットです。気付いていなかった問題点なども教えてもらえるでしょう。依頼をする際は、洗面台リフォームのノウハウを多く持っている実績が豊富な業者に依頼するとよいでしょう。

まとめ

洗面台のリフォームについてご紹介しました。洗面台の工事にかかる費用や期間は、リフォームの目的や既存の洗面台の状況によって異なります。場合によっては補助金制度を活用することもできるので、事前に調べたうえで検討するようにしましょう。また、おうち全体をリノベーションをすれば、洗面台と合わせて、内装や間取りを変更することもできます。ぜひ選択肢のひとつとして、検討してみてはいかがでしょうか。

費用に関する情報について
見積内容や地域により異なることがあります。また、面積や設備のグレード、種類や大きさによっても費用は変動します。
正確な金額をお知りになりたい場合は、各業者へ見積もりを依頼することがおすすめです。

ピックアップ記事
関連記事一覧