“リフォーム前”の中古マンションが、なかなか見つからない理由とは?

中古マンション

フルリノベーションを前提とした中古マンション購入では、まず「リフォームされていない未改装の物件」に出会えるかがポイント。ところがいざ探してみると「リフォーム前の物件」を見つける難しさに直面することが少なくありません。「リフォーム前の物件」がなかなか見つからないのはなぜ? その理由を探ってみましょう。

そもそも「リフォーム前の未改装物件」を探したほうが良い理由は?

まず前提として、フルリノベーションを考えている場合、なぜリフォーム済みの中古マンションではなく、「リフォーム前の中古マンション」を探したほうがよいのでしょうか。

最も大きい理由が「価格」です。リフォーム済みマンションの価格には、建物の値段に加えて、リフォームにかかった内装工事費用がプラスされている場合がほとんど。内装がきれいになったぶん、未改装物件より価格が割高になっています。

ですが、フルリノベーションで間取りや内装をいちから作り変えるのであれば、現状の内装はいくら古くてボロボロでも問題なし。「リフォーム前の未改装物件」を選んだほうが、価格的にもエコの面でも“賢いマンション購入”と言えるわけです。

なぜリフォーム前の物件は、市場になかなか出ないのでしょうか?

築20年・30年という年月を経た中古マンション。一度もリフォームをしていない状態では設備も古く、建物のあちこちが老朽化し、クリーニングでは落ちない汚れも蓄積しています。リフォーム・リノベーションをするつもりのない方にとっては、こうした「リフォーム前の物件」はなかなか選びにくいものです。

そのためそのままの状態で売りに出されることは少なく、物件の売主さんや、中古物件を買い取って再販する事業者が、内装をリフォームした上で売りに出すケースがほとんど。

不動産仲介会社でも「内装の古い物件は好まれない」という意識が根強くあるため、積極的には築古のマンションをおすすめしない傾向があります。

こうした背景から、一般の消費者が自力で物件探しをしても、「リフォーム前の物件」にはなかなか出会えないのが実情です。

リノベーションに最適なリフォーム前物件と出会うために。

最近は「中古マンションを買ってリノベーション」という住まいの選択肢が少しずつポピュラーになっており、「リフォーム前の物件」を求める人も増えてきました。そんな中、効率的にリフォーム前の物件を探すには、まず物件探しからワンストップでサービスを提供するリノベーション会社に相談することがおすすめです。

リノベーションのワンストップサービス「リノベる。」も、リノベーション向き未改装物件の“情報量”を強みとしています。全国200社超の仲介会社と提携し、一般的には出回っていない築古・リフォーム前物件の情報を一手に収集。その中から特にリノベーションに適した物件(宝石物件)を見極め、その物件を保有している仲介会社をお客様にご紹介しています。リノベーション向きの物件を探しているんだけどなかなか見つからない……とお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

関連記事一覧