「スケルトン」とは? リノベーション・リフォームの頻出用語を徹底解説

リノベーション前のスケルトン空間
リノベーション基礎知識

「スケルトンリフォーム」「スケルトン見学会」といった言葉を耳にしたことはありますか?リフォーム・リノベーションの話題で頻出する専門用語「スケルトン」。その意味を解説します。

スケルトンとは、建物の骨組みが“あらわし”になった状態

リノベーションにおける「スケルトン」とは、中古住宅の内装・設備・間仕切り壁などをすべて取り払い、建物の骨組みとなる構造体そのものになった状態のこと。マンションの場合、冒頭の写真のように、天井・床・壁すべてむき出しのコンクリートに囲まれた状態です。建物を一度スケルトンにしてリノベーションすることを、一般的に「フルリノベーション」と呼んでいます。

フルリノベーションならではのメリットとは?

フルリノベーションの利点は、梁や外壁など動かすことのできない構造体と共有部分を除いて、すべてを一新することができることです。間取りや内装はもちろんのこと、天井や床下などの配管・配線まで交換できるのが大きなポイント。

年月とともに配管・配線も老朽化するのですが、あとから改修するのは極めて困難です。だからこそ、こうした“目に見えない部分”も含めてリニューアルできるのは、スケルトンからのリノベーションを行なう大きなメリットと言えます。

スケルトン前提でリノベーションする際のポイントは?

もちろんスケルトンの状態に戻さずに、リノベーションやリフォームをするケースもあります。古い内装をすべて取り壊すことなく、壁紙や塗装を施して見た目をきれいにしたり。キッチンやバス・トイレなど古くなった水回り設備のみを新しくしたり。和室をなくして広いLDKへと間取りを一部変更したり。そうした部分的な施工については、「部分リノベーション」または「表層替え」「表層リフォーム」等と呼ばれています。

建物をスケルトンの状態に戻すにあたり、古い内装を解体し不要な廃材を廃棄するための費用と時間が必要になります。フルリノベーションの場合は、その分のコストと納期についても視野に入れることが必要です。一方、スケルトンでリノベーションすると、配管や配線を一新できるメリットと併せて、梁や天井をあらわしにするハードなテイストのデザインを楽しめる魅力もあります。

内覧時に天井裏から梁などの様子がある程度確認できる物件もあるので、チェックしておきましょう。先に物件を購入するのではなく、リノベーションを依頼する会社に見てもらうことをおすすめします。

関連記事一覧