倉庫リノベーションとは?メリットと費用相場を事例をもとに解説!

倉庫リノベーション アイキャッチ画像
リノベーションとは

空間の広さやシンプルなデザインから、使われていない倉庫を店舗やオフィス、住宅へとつくり変える「倉庫リノベーション」が、近年注目を集めています。今回は、倉庫リノベーションのメリット・デメリット、費用相場や工事の流れなどをご紹介。リノベーションを検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

倉庫リノベーションとは?用途は?

倉庫リノベーションとは、もともと倉庫として使っていた建物を他の用途の建物へリノベーションすることです。コンバージョンと呼ばれることもあります。使われなくなった倉庫を取り壊さずに、有効活用したい場合などに倉庫リノベーションが行われます。中古の倉庫をあえて購入し、リノベーションするケースもあります。倉庫リノベーションでは、主に次のような用途に変更できます。

店舗

カフェやレストランといった飲食店にリノベーションできます。配管やダクトが見える倉庫特有の内装を、あえてそのままにしている店舗も。配管もインテリアとして活用し、デザイン性の高い店舗に変えることができます。飲食店の他には、小売店や習い事教室などにも転用可能です。アパレルショップやダンススクールなど、外観や内装を重視した店舗に向いています。

オフィス

広々とした空間で仕事に励むことができる利点から、倉庫をオフィスにリノベーションする事例も多くあります。郊外の地域に広めのオフィスを構えたいという企業に人気です。天井の高い倉庫なら1階と2階に分けることで、1階を駐車場として使用することも可能です。

住宅

倉庫を一般の住宅にリノベーションした例もあります。高い天井を上手に利用して、ロフトなどを造るのもいいでしょう。倉庫でよくある筋交いなどはそのまま残しておくことで、インダストリアルな雰囲気を醸し出せます。リーズナブルな費用で、広々とした住宅が欲しい方におすすめです。

倉庫リノベーション イメージ画像

倉庫リノベーションのメリット・デメリット

倉庫リノベーションを行う際は、メリットとデメリットをよく理解しておく必要があります。

メリット

倉庫リノベーションのメリットは、主に次のような点が挙げられます。

メリット1:間取りを自由に決められる

倉庫は建物の中がひとつの大きな空間になっており、部屋を区切る間仕切りなどはありません。そのため、倉庫リノベーションでは部屋の分け方や配置などを自由に決められるのがメリットです。広い空間を活かした設計も、こだわりのある間取りも可能です。

メリット2:物件を安く購入できる

倉庫は同じくらいの広さと築年数の中古一戸建て物件と比べると、安い価格で購入できるケースがあります。一戸建て住宅の購入が予算的に厳しい場合でも、倉庫リノベーションなら手が届くことがある点はメリットをいえます。

メリット3:工事費用が安い

倉庫リノベーションは、通常の中古物件をリノベーションする場合と比べて、工事費用を安く済ませることができます。通常の中古物件の解体に比べると、倉庫は取り除くものが少ないため解体費用が比較的かかりません。

メリット4:天井が高い

倉庫は一般的な住宅と比べて、天井が高めにできています。住宅にリノベーションするのであれば、天井の高さを上手く利用したデザインなども可能です。吹き抜けやロフトをつくるなど、個性的な間取りにもできるでしょう。

店舗やオフィスなどにリノベーションする場合にも、天井が高いと開放的な空間になります。1階と2階に分けて延床面積を広くすることも可能です。

メリット5:倉庫のテイストを活かせる

住宅なら通常は柱や梁、配管などは見えないようなデザインにすることが多いですが、倉庫ではむき出しになっているのが一般的です。通常の住宅ではあまり見られないような筋交いなどもあります。

筋交いというのは、建物の耐震性を高めるために斜め方向に設置する部材です。2本X字に交わるような形で設置することもあります。
筋交いをそのまま残して、デザインとして活用できるのも倉庫リノベーションの魅力です。

倉庫リノベーション イメージ画像

デメリット

倉庫リノベーションを行う際は、次のようなデメリットに注意しましょう。

デメリット1:水道やガスが通っていない

倉庫は企業が在庫品などを保管しておくためのスペースであるため、水道やガスなどのインフラ設備は整っていないことが多いです。住宅や飲食店などにリノベーションする場合には、水道やガスなどを引く必要があります。

照明器具や機械などを使用するために、電気だけは通っているものは多数あります。しかし、コンセントが少なかったり容量が足りなかったりするため、ほとんどの場合、電気工事が必要になります。

デメリット2:住宅設備の新設が必要

倉庫には浴室やキッチンなどの一般的な住宅設備は、通常付いていません。倉庫を居住用にリノベーションするのであれば、こうした住宅設備を新設する必要があります。飲食店にする場合にも、キッチンなどの設備が必要でしょう。

デメリット3:窓が少ない

倉庫には窓がなかったり、少なかったりします。保管している在庫品に直射日光が当たらないように、最低限の窓しか設置していない倉庫が多いようです。

オフィスや店舗ならあまり困りませんが、居住用にリノベーションするのであれば、採光が不十分に感じられるかもしれません。窓を増設することもできますが、耐震性などの関係で難しい場合もあります。

デメリット4:気密性が低い

多くの倉庫は壁が薄く、断熱材なども使われていません。気密性が低く冷暖房が効きにくいため、リノベーションする際には断熱対策も併せて行う必要があります。

ただし、倉庫の種類によっては必ずしも気密性が低いとは限りません。例えば、食品を保管するのに使われていた倉庫なら、むしろ断熱対策がしっかりしていて気密性が高い場合もあります。

デメリット5:希望エリアが工業専用地域の場合も

地域ごとに用途地域というのがあり、土地の利用方法が法律で制限されています。もしリノベーションしようとしている倉庫が工業専用地域に指定されているのであれば、住宅や店舗にすることはできません。オフィスの場合にも一部制限されています。

そのため、購入段階で倉庫が立地している場所の用途地域が、どのようになっているのか確認しましょう。

倉庫リノベーション イメージ画像

倉庫リノベーションの費用相場

倉庫リノベーションを行う場合にかかる費用の相場は、工事の規模やリノベーション後の用途によりやや差があります。

内装工事のみの場合

倉庫リノベーションでオフィスにする場合には、比較的簡単な工事で済むことも多くあります。オフィスは住宅や飲食店などと違って、必要なインフラ設備もそう多くはありません。

広さにもよりますが内装工事のみで済むのであれば、500万円から700万円程度が相場でしょう。物販のみを行う店舗の場合も必要なインフラ設備が少ないため、オフィスと同じくらいの費用で済む可能性が高いです。

大がかりな工事の場合

住宅にリノベーションする場合には、ガスや水道などのインフラ工事が必要になります。お風呂やキッチンなども設置しなければなりません。大がかりな工事になることが多く、工事費用もオフィスにする場合と比べて高めです。

設置する設備の種類や間取りなどにもよりますが、500万円から1,500万円程度の工事費が必要になります。設備のグレードなどにこだわると、2,000万円程度かかる場合もあります。

倉庫リノベーション イメージ画像

倉庫リノベーションの流れと工事期間目安

倉庫リノベーションは、主に次のような流れで行います。

倉庫を購入

最初にリノベーションのもととなる、倉庫を購入するところから始めます。不動産会社などで、手頃な倉庫が売りに出されていないかどうか探してみましょう。購入する倉庫を決める際に、最初から備わっている設備などについて確認しておく必要があります。例えば、断熱材やインフラ設備など、必要な設備の一部が既に備わっていれば、それだけ工事費用も安く済みます。

また、必要な設備を整えるための工事が可能かどうかの確認も重要です。倉庫によっては、窓の増設ができないところなどもあります。失敗を避けるために、倉庫購入前の段階から施工会社に相談しておくと見極めやすくなります。どのような工事をするのかある程度決めたうえで、その工事ができる倉庫を探します。

工事が問題なく行えて希望する他の条件にも合う倉庫を見つけたら、売買契約を交わして登記移転の手続きを済ませましょう。

設計の打ち合わせ

倉庫の購入手続きが完了したら、施工業者と詳しい打ち合わせを行います。どこをどのように工事するのか具体的に決めていきましょう。購入前の段階で、相談している場合には大まかな点は決まっているため、スムーズにいくでしょう。打ち合わせと設計は、1ヶ月から2ヶ月半程度かかるケースが多いです。

工事開始

設計が終われば、いよいよ工事が開始されます。工事にかかる期間は、2ヶ月半から3ヶ月程度と考えておくとよいでしょう。ただし、工事の規模によってこれよりも短い期間で済む場合もあれば、長くかかる場合もあります。設計から工事完了までの期間は短い場合で3ヶ月程度、長い場合で半年程度でしょう。

建物用途変更確認の手続き

倉庫リノベーションをした場合は、用途によって建物用途変更確認の手続きが必要になる場合があります。基本的にオフィスにリノベーションする場合には、建物用途変更確認の手続きは必要ありません。住宅にリノベーションする場合も、法律上は手続き不要です。ただし、住宅ローンの関係で必要になる場合もあります。

店舗にリノベーションする場合は、手続きが必要になるケースが多いです。主に床面積が100平方メートルを超える店舗にリノベーションするのであれば、法律上建物用途変更確認の手続きを行わなければなりません。手続きそのものは業者に依頼して行うケースがほとんどです。

倉庫リノベーション イメージ画像

まとめ

倉庫リノベーションの用途やメリットデメリットについて解説しました。筋交いや配管など、倉庫の特性を活かしたインダストリアルなテイストの内装にすることも可能です。一戸建ての建て替えやマンションへの住み替えに比べ、費用が安く済むこともあるようです。

住宅や店舗、オフィスなどの中古物件を探している方は、倉庫リノベーションも選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事
関連記事一覧