あなたも誤解してる?「ユニットバス」の真実

一般的なユニットバス
リノベーション基礎知識

「ユニットバスじゃなくて、バス・トイレ別がいいんだよね〜」。物件探しでそんな言葉を口にしたことがある方も多いのでは? ユニットバスというと、シングル向けの賃貸やビジネスホテルで見かける「トイレ・バス・洗面」が一体になったものを連想されるかもしれませんが、実はこれ「3点ユニットバス」というユニットバスの一種に過ぎないんです。

マンションや戸建の建築でもよく「ユニットバス」という言葉が飛び交いますが、そもそもユニットバスとは何なのか? その定義について解説します。

「ユニットバス」とはスピーディなユニット工法の浴室

「在来工法」と呼ばれる従来型の浴室の施工方法は、床や壁にタイルを一枚ずつ貼る工法でとても時間がかかるものでした。そこで誕生したのが、あらかじめ防水性の高い素材で浴槽・天井・床・壁などをユニット化しておいて、現地に運んで組み立てる工法。そもそも「ユニットバス」とは、こうしたユニット工法でスピーディに組み立てられたバスルームを言います。「システムキッチン」と同様に、基本機能にプラスしてセレクトしたオプション機能を搭載できることから「システムバス」とも呼ばれています。

ユニット式の工法は、もともとは東京オリンピックの際に超スピード工期で高層ホテルを建築する必要があり、そのために研究を重ねて採用されたものでした。この浴室がトイレ・洗面と一体になった「3点ユニット」だったことで、いわゆる「ユニットバス」と呼ばれるようになったようです。

実際ユニットバスには、よくイメージされる「3点ユニットバス」もあれば、バスと洗面が一緒になった「2点ユニットバス」もあります。(独立洗面台がある物件に、ユニットバスと表記されているケースがあるのもこのため)

ユニットバスのサイズについて

住宅向けユニットバスのサイズは規格化されていますが、縦・横ともに豊富なパターンから最適なサイズを選ぶことができます。「足を伸ばして入浴したい」「横幅がゆったりとした浴槽がいい」など、ご希望と予算などに応じてセレクトすることが可能です。

現代のユニットバスは、オプションも豊富で高機能。

ユニット式の工法であっても、現代のシステムバスは高機能でフレキシブルに選択できるオプションも豊富。断熱構造で帰宅が遅くなってもお湯が温かいままの浴槽や、水はけがよく温かく衝撃にも優しい床などうれしい機能が満載です。タイルやデザインも多彩なバリエーションからセレクトでき、満足度の高いバスルームが実現します。

このように、「ユニットバスじゃなくて、バス・トイレ別がいいんだよね〜」という表現は実は“間違い”というわけ。リノベーションをする際は、ぜひ豊富なユニットバスのラインナップをチェックしてみることをオススメします。

関連記事一覧