リノベる。が、家族みんなで遊べて学べる「令和版 リノベーション住宅すごろく」をつくりました!

リノベーション住宅すごろく
SPECIAL

庭付き一戸建てがゴールだった「住宅すごろく」も今は昔。
リノベる。では、これからの暮らしにフィットする“リノベーション”に特化した、「令和版 リノベーション住宅すごろく」をつくりました。

家族や友人と好きな食べ物や洋服の話はしても、住まいやおうちづくりについて気軽に話す機会は、あまりないですよね。
このすごろくは、中古住宅購入+リノベーションの工程を体験しながらゴールを目指す内容です。

今回は、家族や友だち同士、みんなで力をあわせて楽しみながら学べる「リノベーション住宅すごろく」の特徴をご紹介します。

\数量限定/

今なら、資料請求または来場で、「リノベーション住宅すごろく」がもらえます。
お申し込みはお早めに!

資料請求はこちら>>


東京 表参道ショールーム グランドオープンイベントも開催中! 参加申し込みはこちら>>

表参道ショールームのイメージ

遊びながら学べる!「リノベーション住宅すごろく」って何?

「リノベーション住宅すごろく」は、その名の通り、
すごろくを楽しみながら「ワンストップリノベーション」を活用した家の買い方がわかるゲームです。
コマを進めるごとに“おうちづくり”のリアルなプロセスを疑似体験できるのが特徴。
家族や友人とみんなで、相談しながらコマを進めていきます。

3回遊ぶと、リノベーションを利用した賢い家の買い方がまるっと理解できますよ!

「リノベーション住宅すごろく」はどうやって遊ぶの?

このすごろくでは、お子様が生まれて家族が増えたところからスタートします。
家族が増えたことでお住まいが手狭となり、住み替えや住宅検討を考えることが多いタイミングです。
また購入する場合でも、「新築」にするか「中古」にするかなどの検討が必要となります。

まずは サイコロとコマを組立てて、手元にスマホを用意します。「START」のマスにコマを置いたら準備万端。
プレイヤー同士で順番を決めてから、順番にサイコロを振って出た数の分だけコマを進め、止まったマスの指示に従います。

「STOP!」と書いてあるマスでは必ず止まります。一番先に「GOAL」に辿り着いた人が勝ちです!

「リノベーション住宅すごろく」のココが面白い!

ポイント1:すごろくの途中にある「QRコード」でさらに学べる。

すごろくを進めていくと、いくつかのコマで「QRコード」が登場します。
QRコードをスマホで読み取ると、止まったマスに関連した役立つ情報が満載の記事へ飛ぶことができます。
紙とWebを行き来しながら、ワンストップリノベーションの理解が深まります。

スマートフォンでQRコードを読み込んでいるイメージ

ポイント2:完成まで何が起こるか分からない。紆余曲折のすごろくルート!

実際のおうちづくりでは、完成までにいくつかの障壁を乗り越えなければなりません。
壁の乗り越え方は千差万別。すごろくでも、Aルートか、はたまたBルートか、進むルートごとに検討の仕方が変わる運命の分岐点が出てきます。
何回か遊ぶことで、複数の検討プロセスを疑似体験できます。

理想の住まいが完成する一歩手前で、予想外のことが起こることも…。
すごろくを通して心構えをしておくと、実際のリノベーションでは「迂回ルート」が見つかるかも!?

すごろくのAルート、Bルートが登場するイメージ

ポイント3:すごろくで遊ぶうちに、お互いの好みや考え方が分かる。

家族や友人と、将来の住まいの計画やおうちをつくる上でのこだわりについて、気軽に話す機会は少ないですよね。
リノベーションすごろくなら、止まったマスでテーマに添って意見を交わすので、家づくりについてみんなで盛り上がることができます。
また、複数人でゲームをすれば、いろいろな考えを聞くことができるので学びにもなります。
家づくりは一人だと行き詰まりますが、みんなで遊びながらプレイすれば自分の理想が自然と整理されていきます。

今まさに住宅購入を検討しているなら、止まったマスで家族会議をするのもいいかもしれません。

リノベーション住宅すごろくのイメージ

まとめ

賃貸から庭付き一戸建てまでをゴールにした昭和の「住宅すごろく」を、時代に合わせてアップデートした「令和版 リノベーション住宅すごろく」。

家を買う流れや物件ごとのメリット・デメリット、物件を購入する際の注意点などが楽しみながら学べます。
住宅購入を検討している方はもちろん、家を買うまでの流れやワンストップリノベーションについて知りたい方にもおすすめです。

年末年始は、こたつやテーブルを囲んで「リノベーションすごろく」はいかがでしょうか?
すごろくで情報収集したあとは、表参道ショールームのグランドオープンイベントや全国で開催しているセミナーへ、ぜひ気軽に足を運んでみてください。

資料請求はこちら>>

ピックアップ記事
関連記事一覧