リビングのリノベーション事例を紹介!費用相場や成功させるためのポイントは?

リビングのリノベーション アイキャッチ画像
リノベーション基礎知識

家族が毎日利用するリビングは、リノベーションをすることでくつろぐ時間やより家族とふれあう時間をつくることができます。今回はリビングのリノベーションにはどのような工事があり、どのくらいの費用がかかるかを解説。予算別に実施できるリノベーション内容や、成功させるためのポイントをご紹介します。

リビングのリノベーションにかかる費用

リビングのリノベーションにかかる費用は、工事の内容によって大きく変わります。以下、工事の内容ごとに費用相場を見ていきましょう。

・壁紙の張り替え
・フローリングの張り替え
・間仕切りの設置
・間仕切りの撤去~リビングの拡張
・床暖房の設置

壁紙の張り替え費用

壁紙の張り替え費用について素材にもよりますが一般的なビニールクロスであれば以下の価格帯を目安に考えるとよいでしょう。

部屋の広さ:費用相場
・6畳:4~6万円程度
・8畳:5~8万円程度
・10畳:6~8万円程度
・12畳:6~9万円程度

フローリングの張り替え費用

フローリングの張り替えは、既存床の状態や張り替えるフローリングのグレードなどにより、費用が大きく変わります。一般的な複合フローリングであれば、以下のような価格帯になります。

部屋の広さ:費用相場
・6畳:7〜20万円程度
・8畳:9~27万円程度
・10畳:11~33万円程度
・12畳:14~39万円程度

間仕切りの設置費用

壁を設置することで部屋を分けたり、部屋の形を変えたりすることが可能です。リビングに間仕切り壁を新設する工事の費用相場は、必要な大きさにもよります。一般的な広さの部屋の間仕切り壁を設置する場合は、8~25万円程度の工事費がかかります。

間仕切りの撤去~リビングの拡張

間仕切りを撤去するだけであれば1か所4~10万円程度で工事可能です。ただし、間仕切りの撤去時に天井や壁の補修が必要になる場合があります。また、撤去する壁の内部を電気配線が通っていた場合、電気工事が発生します。これらのケースでは工事費はより高額になります。

床暖房の設置費用

床暖房の設置費用は、設置面積や床暖房のグレード、設置方法にもよりますが、電気式の場合で一般的に30~85万円程度と考えておくとよいでしょう。床暖房には温水式と電気式があります。温水式は広い範囲を長時間温めるのに向いており、ランニングコストを安く抑えられます。導入時に熱源機の取り付けが必要で、電気式に比べ設置費用が高くなりますす。一方、電気式は狭いスペースを短い時間温めるのに向いており、設置費用を安く抑えられるという利点があります。しかし、長時間使用するとランニングコストが高くなりやすい特徴があります。

リビングのリノベーション イメージ画像

【予算別】おすすめリフォームプラン

ここからは、以下の予算別に、予算内でできるリフォーム内容をご紹介していきます。

A)50万円未満
B)50~100万円未満
C)100万円以上

A)50万円未満

50万円以内の予算でおすすめなのは、以下のようなリフォーム内容です。

・壁紙の張り替え
・フローリングの張り替え

壁紙の色やフローリングの素材を変えるだけでも、リビングの印象は変わります。

B)50~100万円未満

50~100万円の予算がある場合、以下のようなリフォームを検討できます。

・間仕切りの撤去
・和室を洋室に変更する

例えば、LDKと和室が隣接する間取りの家があるとします。間仕切りを撤去して和室とLDKをつなげ、和室部分を洋室にリフォームするといったことが可能です。客間として使っていた和室とLDKがつながることで、広がりのある空間をつくることができるでしょう。和室を洋室に変更するだけでも部屋の印象は大きく変わります。

C)100万円以上

100万円以上の予算がある場合は以下のようなリフォームを検討できます。

・床暖房を設置する
・リビングを拡張する
・フローリングを無垢材にする

100万円以上の予算があれば、リビング全体に床暖房を設置するリフォームも可能です。
また、建物の構造にもよりますが、吹き抜けの天井にするリフォームや、床を無垢フローリングに変更することも検討できます。

リビングのリノベーション イメージ画像

リビングをリノベーションする前の準備

リビングを変えたいと考えたとき、実際に工事する前には以下のような準備をすることが必要です。

・予算を決める
・家族の希望や理想を確認する
・構造を確認する

それぞれについて見ていきましょう。

予算を決める

リビングのリノベーションにおいては壁紙変更や間仕切りの設置などさまざまな工事が考えられます。そのため、あらかじめ希望する工事内容と予算についてはある程度決めておくようにしましょう。具体的な費用については、複数のリフォーム会社に問い合わせをして相見積もりを取ると比較検討しやすくなります。

家族の希望や理想を確認する

リビングは家族全員で過ごすことの多い場所です。そのため、リノベーションする前に家族全員の希望や理想を確認しておくことをおすすめします。家族それぞれのリビングでの過ごし方をもとに、家具の配置などまで話し合っておくことで、理想の空間がイメージしやすくなります。そうした過程も家族の思い出として残り、より楽しく快適な暮らしにつながるかもしれません。

構造を確認する

建物の構造上、室内の壁でも撤去できない場合があります。リビングのリノベーションで間仕切りを撤去して間取り変更をしたい場合、構造をあらかじめ確認しておく必要があります。また、間仕切りを撤去することに伴い、電気工事が発生する場合があります。分からない箇所については工事業者に図面を見てもらい、事前に確認できると安心です。

リビングのリノベーション イメージ画像

リビングのリノベーションを成功させるポイント

最後に、リビングのリノベーションを成功させるポイントとして以下の5つをご紹介します。

・家族が好むテイストにする
・手入れがしやすい機能的な素材をセレクトする
・照明に工夫する
・効率のよい生活動線にする
・冷えを防ぐ

それぞれ見ていきましょう。

家族が好むテイストにする

家族が長い時間を過ごすリビングは、みんなが好感を持てるようなテイストにしましょう。北欧風や和モダン、インダストリアルなど、どのようなテイストにしたいか、インテリア雑誌などを見ながら検討してみてください。

手入れがしやすい機能的な素材をセレクトする

掃除や手入れがしやすい素材を選ぶのもおすすめです。床材やクロスは汚れにくい素材を選択したり、調湿作用のある壁材を採用すると、リビングで快適に過ごせるでしょう。また、床掃除にロボット掃除機の使用を検討している場合は、床の段差に注意が必要です。充電ステーションを目立たない場所に設置できると、よりすっきりとした空間になります。

照明に工夫する

3つ目のポイントとしては照明に工夫することが挙げられます。リビングは朝~日中だけでなく、夜も家族がくつろぐスペースです。折り込み天井にして間接照明を配置などの工夫でも、より快適に過ごせるリビングに仕上げることができるでしょう。また、子供が勉強するためのスペースに明るい照明を採用するといった工夫も、リノベーションをする際のポイントです。

効率のよい生活動線にする

効率のよい生活動線も大切なポイントといえます。例えばテレビやソファの配置。バルコニーに出る際にソファとテレビの間を横切らなければならない場合、ソファに座っている人がくつろぎにくくなってしまうことも考えられます。キッチンからもテレビが見られるかなど、具体的な暮らしの風景を想像しながら、配置を考えてみてください。

冷えを防ぐ

暖かい空気は天井に昇り、冷たい空気は床に降りる傾向があります。そのため、吹き抜けがある場合やリビングに階段がある場合などは特に、冷え対策が大切になります。床暖房を設置したり、場合によっては家全体の気密性断熱性を高めたりといった対策を検討してみてください。

リビングのリノベーション イメージ画像

まとめ

リビングに変化を持たせたい場合、手軽にできるのは、壁紙や床材を変えてみること。予算がある場合は、お部屋全体のリノベーションをおすすめします。リビングのリノベーションでは間仕切りや床暖房の設置など、さまざまな工事内容が想定され、その内容によって費用は大きく変わります。本記事を参考に、理想の空間をつくる方法について検討してみてはいかがでしょうか。

\ リノベーションに関する記事はこちら /

キホンのキ。リノベーションの基本記事

やっぱり気になる。リノベーション費用・お金に関する記事

あれこれ夢見る。リノベーション事例

なんだか心配。物件に関する記事

行けばわかる。無料セミナー!

ピックアップ記事
関連記事一覧