リフォームにかかる総費用の内訳と費用を抑えるコツを解説

リフォーム総費用 アイキャッチ画像
その他

リフォームを検討されている方の中には、どのくらいの費用がかかるか気になる方もいらっしゃるでしょう。本記事では、リフォームについて工事箇所ごとの費用やリフォームのメリット・デメリットなどをご紹介します。

リフォーム箇所別の費用相場

ここからは、リフォーム箇所別に費用相場を見ていきたいと思います。具体的には、以下に分けて解説していきます。

・トイレ
・キッチン
・お風呂
・リビング
・ダイニング
・寝室
・外壁
・耐震補強

トイレ

トイレのリフォーム費用相場は、30~70万円程度と考えるとよいでしょう。一般的な洋式トイレの交換は、30万円程度が費用相場です。和式トイレを洋式トイレに変える場合は、40万円程度の費用がかかります。いずれの場合も交換するトイレのグレードが上がると、費用が上がる可能性があります。トイレ交換だけでなく、手すりや収納をつけたり、壁紙や床材を変更するなどのリフォームをすることもあるでしょう。そうした場合、工事内容に伴って工事費も上がります。

キッチン

キッチンのリフォーム費用相場は、30~200万円程度です。キッチンはどの程度リフォームするかによって費用が変わります。例えばコンロやレンジフードなど一部だけ交換するだけであれば、10~30万円程度で済ませることができるでしょう。一方、キッチン全体を交換するとなると、一般的に80万円程度かかります。ガスコンロから電気コンロに変更する場合や、壁付タイプからアイランド型へレイアウト変更する場合には、100~200万円の費用がかかることがあります。

お風呂

お風呂のリフォーム費用相場は、50~150万円程度です。壁のパネルや床材の変更は30万円程度、浴槽のみの交換は50万円程度の価格帯が相場となっています。一方、昔ながらの在来工法でつくられたお風呂をユニットバスタイプに変更する場合には、100万円以上の費用がかかることが多いです。

リビング

リビングをリフォームする際の費用相場は、15~150万円程度です。リビングではフローリングや壁紙を変えるだけといった、部分的なリフォームもあるでしょう。この場合でもトイレや寝室と比べ面積が広い分、費用がかかることが多いです。そのほか、配線や間取りの変更を伴うリフォームの場合、100〜300万円程度の工事費になることがあります。

ダイニング

ダイニングリフォームの費用相場は、50~100万円程度です。基本的にはリビングと同様に、フローリングや壁紙を変えるリフォームは50万円以下でおこなうことができます。リビングに比べるとダイニングは面積がコンパクトなため、リビングのリフォームより費用を抑えられるケースが多いようです。

寝室

寝室をリフォームする際の費用相場は、20~80万円です。リビングやダイニングをリフォームするのとおおむね同様ですが、部屋が比較的小さい分、相場はやや安くなります。

外壁

外壁リフォームの費用相場は、100~200万円程度です。外壁の塗り替え、補修、張り替えなど、工事内容によって費用は大きく変わります。また、外壁工事の場合、特に費用が大きくなるのが足場の設置費用です。平屋など、足場を設置する必要のない工事であれば費用を抑えられます。なお、足場の設置費用は一般的な20~30坪程度の戸建て住宅で、15万円ほどと考えるとよいでしょう。

耐震補強

耐震補強リフォームの費用相場は、25~200万円程度。耐震金具をつける工事の場合、30万円程度の価格帯が多いようです。一方、基礎から耐震補強するようなケースでは、200万円以上の費用がかかることもあります。

リフォーム総費用 イメージ画像

その他リフォーム時にかかる費用

リフォームには工事費以外にも、別途費用がかかることがある点に注意が必要です。具体的には以下のような項目が挙げられます。

・駐車場代
・確認申請手数料
・設計費

それぞれについて見ていきましょう。

駐車場代

工事業者の駐車場が必要になった場合、必要な台数と日数に応じて駐車場代がかかります。

確認申請手数料

木造2階建ての一般的な戸建て住宅の内装リフォームであれば、建築確認は不要です。しかし、増築や鉄骨造住宅で大規模なリフォームを行う場合は、確認申請が必要となります。審査期間により差がありますが、一般的な木造2階建て住宅の場合、確認申請の費用は5,000円から5万円程度です。また、確認申請書類の作成費用を、リフォーム会社に支払う場合もあります。

設計費

大規模なリフォームを実施する際、リフォーム会社に工事費とは別に設計費を支払うことがあります。設計と工事をひとつの業者に依頼するかなどの条件でも変わりますが、見積もりを取る段階であらかじめ確認しておくとよいでしょう。

リフォーム総費用 イメージ画像

リフォーム費用を抑える方法

リフォーム費用の相場についてお伝えしましたが、工事費をできるだけ安く抑えたいと思っている方も多いかもしれません。ここからは、リフォーム費用を安く抑える方法として、以下2つの方法をご紹介します。

・複数の業者を比較する
・補助金を活用する

それぞれについて見ていきましょう。

複数の業者を比較する

1つ目は複数の業者を比較する方法です。仮に同じリフォーム工事だとしても、依頼するリフォーム会社によって費用が異なる場合があります。これは、リフォーム会社ごとに利益率の設定が違うことが要因のひとつです。素材の仕入れや現場までの距離が異なるといった理由でも、費用に差が出る場合があります。複数業者に見積もりを取りながら金額だけで判断せず、信頼できる業者を選ぶようにすることをおすすめします。

補助金を活用する

リフォームの内容によっては、補助金制度の対象となることがあります。補助金は、申請先の自治体内の業者に依頼することを条件としているものなど、条件付きのものが多いため注意が必要です。こちらも工事依頼先の業者に相談しつつ、補助金の活用についても事前に確認しておくとよいでしょう。

リフォーム総費用 イメージ画像

リフォームのメリット・デメリット

ここからは、リフォームのメリット・デメリットについて見ていきます。

メリット1:住み慣れた家に住み続けることができる

住宅が古くなると、住み替えを検討される方もいらっしゃるでしょう。住み替えの場合、引っ越しが伴うため、生活の見直しなど考えなければならないことが多くなります。一方、リフォームであれば周辺環境などは変わらないため、基本的には今までと同じ生活を送ることができます。

メリット2:建て替えに比べて費用を安く抑えられる

リフォームの内容や規模で費用は大きく異なりますが、新しく住宅を購入したり新築する場合に比べ、費用を抑えることできます。中古住宅を購入してリフォームをする場合も、新築住宅の購入と比べると費用を安く抑えられるケースが多いです。

メリット3:仮住まいに引っ越す必要がない

フルリノベーションや建て替えをする場合は、一時的に仮住まいに引っ越す必要があります。しかし、部分的なリフォームの場合は、住みながら工事を行うこともできます。引っ越し費用がかからず、工事期間中も同じ家で生活することができます。

リフォーム総費用 イメージ画像

リフォーム会社の選び方

最後に、信頼できるリフォーム会社の選び方についてご紹介します。

見積書の内容を確認する

リフォーム会社から提示された見積書の内容をしっかり確認しましょう。業者によっては、工事の内容を「一式」としているようなケースがあります。こうしたケースでは実際に何にいくらかかっているのかわかりづらく、不当に高い費用を請求されてしまう可能性もないとは言い切れません。また工事中に、見積もりの提示を受けた当初のプランから変更することになった場合、追加工事費用が必要になることも考えられます。「一式」と記載のある見積もりを提示された場合は、詳細の記載を依頼すると費用の内訳が把握できて安心です。

対応できる工事の規模を確認する

リフォーム会社を選ぶ際、大がかりな工事に対応できない業者もいる点に注意が必要です。事前にリフォームしたい範囲や内容を伝え、ウェブサイトなどでも実績を確認しておくとよいでしょう。

対応の丁寧さを確認する

信頼できるリフォーム会社を見分けるにあたり重要なこととして、丁寧な対応をしてくれるかという点が挙げられます。質問に対する返答の内容やスピードなど、自分にとって大切なポイントを軸に判断すると納得のいく決断がしやすくなります。

リフォーム総費用 イメージ画像

まとめ

リフォームについて費用相場やメリット・デメリット、信頼できるリフォーム会社の見つけ方をご紹介しました。リフォームは業者の選択肢も多く、何をするかで費用が異なるため悩みますよね。複数の業者に相見積もりを取りながら、費用に納得感があり信頼のおける会社を選んでみてください!

ピックアップ記事
関連記事一覧