外観・外装のリノベーションは可能?施工の種類や費用を紹介

外観外装リノベーション アイキャッチ画像
リノベーション基礎知識

家の外装は、内部の保護や外から見た印象を決定付ける点で非常に重要です。では、戸建て住宅で古くなった外装だけをリノベーションすることは可能なのでしょうか。この記事では、外装リノベーションを検討中の方向けに、工事の種類や費用相場をご紹介します。

外観のリノベーションの種類と費用

リノベーション工事というと、内装の施工を想像する方が多いかもしれませんが、外観だけのリノベーションも可能です。どのような工事が可能で、費用はいくらが相場なのか見てみましょう。

外壁や屋根の塗装

外観のリノベーションとして代表的な施工のひとつが、外壁や屋根の塗装です。家の外側を塗りなおすことにより、家を美しく蘇らせ、さらに防水性や断熱性を高めることができます。塗装にかかる費用相場は以下のとおりです。

【塗装の費用相場(一般的な30坪の住宅の場合)】
・外壁塗装:60万円から100万円
・屋根塗装:スレート(粘板岩やセメントの瓦)屋根なら30万円から60万円

塗装にかかる費用は、使用する塗料のグレードや家の構造、屋根や外壁のタイプなどによって変化します。

外壁の張り替え

外壁にひび割れが見られるなど、老朽化が見られるケースでは外壁のみの張り替えを検討できます。30坪の住宅の場合、一般的な窯業系サイディングに張り替えると150万円から230万円程度が相場です。

外壁はセメントと繊維でできた窯業系サイディングのほか、金属系や木質系のサイディング、タイルなど数種類存在します。どの外壁を使うかによっても費用は変動します。

屋根の葺き替え

屋根が老朽化している場合は、葺き替えなどメンテナンスが必要です。古くなった屋根は害獣の侵入や浸水などから、家の内部を十分に保護できないことがあります。屋根の葺き替え費用は、30坪の住宅で95万円から240万円程度が相場です。料金を左右する要素は、たとえば以下のようなポイントです。

【屋根の葺き替え費用が増減するポイント】
・既存の屋根材の種類(瓦かスレートかなど)
・葺き替え施工の方法
・交換後の屋根材
・下地の補修の有無

現在の家の状態や所有者の希望に応じて料金は変化します。

外観外装リノベーション イメージ画像

フルリノベーションとの違い

フルリノベーションは外観のみのリノベーションと違い、家を支える柱などの骨格をのぞく全体に手を入れます。そのため、工事の規模が大きくなりやすく、工期も長くなる特徴があります。外観のみのリノベーションでは、カバーできない部分の工事が可能です。

フルリノベーションでは間取りの変更が可能

フルリノベーションでは内装や水回りの移動などを含む、家全体の大規模な工事が可能です。そのため所有者の希望に応じた間取りの変更もできます。たとえば、子供やペットなど家族が増え、もともとの間取りでは使い勝手が悪くなった場合などにもおすすめです。

フルリノベーションなら耐震・耐火性能を向上できる

「現状の災害に対する備えに不安を感じる」というケースでは、フルリノベーションによる耐震補強や耐火性能の向上も可能です。根本的な構造や性能の変更は外観リフォームのみでは難しいため、フルリノベーションならではのメリットといえます。

外観外装リノベーション イメージ画像

外観のリノベーションのメリット

家を所有している方の中には、「外観だけのリノベーションなんて意味はあるの?」と感じる方もいるかもしれません。しかし、外観のリノベーションにはいくつものメリットがあります。一例を見てみましょう。

メリット1:家のイメージを刷新できる

外観のリノベーションのメリットのひとつが、家のイメージを刷新できることです。築年数の経過した古い住宅でも、外観のリノベーションを行なうことで美しく蘇らせることができます。外から見た印象がガラリと変わりますし、近隣の景観に良い影響を与えるでしょう。

メリット2:建物内部の傷みを防ぐことができる

外観のリノベーションの効果は、見た目の向上のみにとどまりません。外壁や屋根を新しくすることにより、建物の内側の傷みを防ぎ、内部を保護することができます。

屋根の傷みや外壁のひびなどは一つひとつは小さなものでも、少しずつ外からのダメージを内部に蓄積させてしまいます。定期的な手入れをしているかどうかで、家の寿命や修繕の際の費用に大きな差が出るのです。大切な家を良い状態に保ち、長く住むためにも外観のリノベーションは大切です。

メリット3:手放す際に売却しやすくなる

定期的に外観に手を入れていた家は、購入希望者が見つかりやすい傾向にあります。管理状態を良好に維持することは家の資産価値の向上にもつながりますので、外観のリノベーションの大きなメリットです。また、古びた外観の家より、デザイン性が高く外観が美しく保たれた家のほうが需要が高いこともあるでしょう。

外観外装リノベーション イメージ画像

外観のリノベーションのコツ

リノベーションの工事自体は、施工会社に全て任せておいても実施可能です。しかし、ちょっとしたコツを押さえておくことで、よりリノベーションに成功しやすくなります。知っておきたいポイントを紹介します。

複数箇所をまとめて施工する

「傷みの強く出ている部分だけをリノベーションする」というのもひとつの考え方です。ただし、将来的に別の箇所の修繕が見込まれるのであれば、複数箇所をまとめて施工した方が得なケースもあります。

デザインの統一性が出せる

家のデザインを重視したいのであれば、複数箇所をまとめて施工するのがおすすめです。屋根に合った壁の色を選ぶ、全体的に「テーマ」を持たせたデザインにする、といった工夫ができます。

もちろん、同時に施工するとなると相応にコストが増加するため、お財布とも相談しながら検討が必要です。ただ、近いうちに全体の修繕が必要なケースでは、一度にまとめたほうが仕上がりは良くなる可能性が高いでしょう。

一度に数か所施工することで総合的なコストを抑えられる

複数箇所の同時施工は、コスト面でもおすすめの方法です。なぜかというと、まとめて施工してしまうことで「足場にかかる費用」を節約できるからです。たとえば、屋根と外壁のリノベーションを別で行なった場合、それぞれのタイミングで2回足場を組むことになります。当然ながら、この場合は2回分の足場代が必要です。

一方、まとめて二か所の施工を行うと、組む足場は1つですので、1回分コストを安くできます。以上はあくまで一例ですが、工事を一度にまとめると一か所ずつ別で工事する場合と比べて抑えられる費用は多いです。

屋根や外壁の素材選びは耐久性も基準にする

屋根や外壁にどの素材を選ぶかによって、施工の料金は変動します。つい安価な屋根材や塗料に目が向くかもしれませんが、素材選びでは耐久面も考慮する必要があります。

屋根や外壁の素材は、それぞれ耐久性が異なります。耐久性能の高い素材を使うと工事費が高くなることがありますが、その分次のメンテナンスまでの期間が伸びます。長期的に考えると、修繕の回数が減少しコストダウンに繋がる場合もあります。予算と素材の性能のバランスを考えて工事の内容を決定しましょう。

外観外装リノベーション イメージ画像

まとめ

リノベーションは内装工事だけではなく、外観・外装のみでも施工できます。家を美しく保てる、家の内部を保護して住み心地を高められるなど、多くのメリットがあります。

「新築のときほどの断熱性がない」「虫の侵入が増えてきた」このような問題がある場合、屋根や外壁が寿命を迎えているかもしれません。外観のみのリノベーションも可能ですので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事
関連記事一覧