中古住宅を購入した際の失敗談・成功例を紹介!選ぶ際の注意点も解説

中古住宅購入失敗 アイキャッチ画像
リノベーション基礎知識

一般的に、中古住宅購入は新築を購入する場合と比較して費用が安くなります。一方で、中古住宅ならではの注意点もあります。この記事では、中古住宅購入の失敗談や成功例、中古住宅を選ぶ際の注意点をご紹介します。

中古一戸建てが注目されている?

昨今、中古の一戸建て住宅への関心が高まっています。日本では少子高齢化や地方の人口減少などにより、空き家数が増加。「平成30年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)では、平成30年の全国の空き家数は846万戸で総住戸数の13.6%を占めました。国土交通省は平成28年に策定した「住生活基本計画」で、空き家の活用を促進し、中古住宅市場を拡大する目標を掲げています。

また、近年は中古住宅に新たな価値を与えるリノベーションにも注目が集まっています。古民家が現代風の住宅に生まれ変わり若者から人気を得るなど、中古住宅に対する価値観も変わりつつあります。今後も、中古の一戸建てに対するニーズはますます高まると考えられます。

中古住宅購入失敗 イメージ画像

中古住宅購入の失敗談

中古住宅には、新築とは異なる購入の際の注意点があります。ここからは、中古住宅購入時の注意点とよくある失敗例を解説します。

リフォームが必要になる

中古住宅を購入した理由として最も多いのが、新築に比べて価格が手頃なことがあげられます。しかし、中古住宅は築年数とともに設備や内装も経年劣化しているため、購入時や購入から数年後にリフォームが必要になることがあります。壁内部の腐食などにより、工事が大がかりになるケースも。想像以上に改修費用が高くつき、結果的に経済的なメリットが想定を下回ってしまうことも考えられます。

購入価格だけで判断してしまわないよう、注意が必要です。購入前に特にしっかり確認したいのは水回りです。見えない部分に腐食が進行していると、後で多額のリフォーム費用が生じることがあります。

近隣との関係性

中古住宅で失敗するケースとして、ご近所付き合いがあります。最近では、近所付き合いが希薄になっているといわれていますが、その方が居心地良く感じる方もいます。干渉されずに生活したい方の中には、予想以上に過度な付き合いを求められて、物件購入を失敗したと感じる方もいるようです。

冬の寒さ

築古の木造戸建て住宅では特に、冬の寒さに注意が必要です。春や夏に内見をして物件購入した後、冬を迎えて寒さに驚いたという事例も聞かれます。断熱性が低いと寒さを感じるだけでなく、結露によるカビの発生など衛生面にも影響が及びます。不動産仲介業者を通じて売主に確認するなど、季節による変化も注意したいポイントです。

中古住宅購入失敗 イメージ画像

失敗を回避するために注意したいこと

先に解説した問題を回避するために、注意すべき点として以下のようなポイントがあります。

念入りに確認する

中古住宅の購入も、内見後に最終的な購入の判断をするのが一般的です。内見時には、内装や設備の状態を確認するとともに、修繕履歴を確認するようにしましょう。構造や基礎、水回りも確認したい箇所です。可能であれば時間帯をずらして内見し、日当たりやすきま風などをチェックすることも有効です。

地域の雰囲気を不動産仲介業者に確認する

近隣住民との関係性については、実際に住んでみないとわかりにくいですが、不動産仲介の担当者に質問してみるのはひとつの手です。地域の雰囲気などを質問すると、ある程度の情報は教えてもらうことが可能です。自治会の情報や周辺環境、朝の交通量や夜間の街の雰囲気なども、事前確認をおすすめします。

中古住宅購入失敗 イメージ画像

中古物件購入の成功例

中古物件を購入して、成功したと感じる人はどのような点に満足しているのでしょうか?具体的な、中古物件購入における成功例をご紹介します。

新築一戸建てよりも安く購入できる

中古住宅の魅力のひとつは価格です。一般的にmリノベーションを含めても、新築の一戸建てを購入するよりトータルコストを低く抑えることができます。フルリノベーションをおこなう前提で物件探しをする場合、内装を気にしなくて良いため、購入候補となる物件の選択肢が広がります。新築より手頃な価格で、理想の間取りを実現できる点は魅力的です。

住宅ローンの返済額を抑えられる

住宅取得費を抑えられると、住宅ローンの返済額の負担も軽くなります。特に若い夫婦の場合は、毎月多額の住宅ローンを返済するのは、大きな負担になりがちです。その点、中古住宅を購入することで、新築に比べ月々の返済が軽くなる可能性が高まります。結果として、旅行や趣味に使えるお金が増え、長期的に暮らしを楽しむ余裕が生まれます。

資産価値が落ちにくい

新築の一戸建ては、購入直後から資産価値が下落し始めます。土地代は路線価で算出され、バブルなど経済環境による変動はありますが、通常は安定しています。しかし、建物は毎年一律に下がり、新築から25年程度で建物の価値はゼロになると言われています。対して中古の一戸建ては、新築一戸建てと比較して購入後の資産価値の目減りが少ないのが特長です。資産価値の目減りの点を考えると、中古住宅の購入は賢い買い方といえます。

中古住宅購入失敗 イメージ画像

まとめ

中古住宅は新築住宅と比較して、価格が手頃です。リノベーションで自分好みの住まいにすることも可能なので、今後ますます中古住宅に注目が集まると思われます。しかし、中古住宅ならではの注意点があることも事実です。購入後に後悔しないためにも、事前確認をしっかりとおこなった上で購入するようにしましょう。今回ご紹介した内容も参考にしてみてください。

ピックアップ記事
関連記事一覧