リノベーションのメリット・デメリットは?中古の戸建て住宅と中古マンションを徹底比較!

リノベーションのデメリット アイキャッチ画像
リノベーション基礎知識

住宅選びの際に新築ではなく、中古物件を買ってリノベーションすることを選ぶ人が増えています。中古一戸建てや中古マンションのリノベーションを行う場合、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。今回は、中古物件をリノベーションする際の、メリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

中古の戸建て住宅をリノベーションするメリットとは

中古の戸建て住宅をリノベーションする際の、メリットについて見ていきましょう。

建物のすべてを好きなように変更できる

戸建て住宅は、マンションと違って管理規約などによる制限がありません。そのため、窓や水回り、ベランダなども含めて住宅全体を自由にリノベーションできるのが大きなメリットです。管理規約などの制約がなく、個人の判断でリノベーションのタイミングや使用する素材、施工方法を決定することができる点もメリットといえます。

新築戸建ての購入に比べて費用を抑えられる

新築の戸建て住宅は予算的に購入が難しい、という人も少なくありません。特に都市部では土地の価格が高く、戸建て住宅を諦めてマンションを購入する人もいるでしょう。中古の戸建て住宅を購入してリノベーションする場合、新築の注文住宅に比べて費用が安く抑えられます。リノベーションなら内装は自分の好みに合わせられるため、注文住宅のような感覚でオーダーメイドの住まいがつくれます。

資産価値が下がりにくい

戸建て住宅の場合、建物と土地の両方を所有することになります。建物の資産価値は時間の経過とともに下がっていきます。築年数などの条件にもよりますが、中古戸建て住宅の場合、購入価格の大部分が土地代というケースも多く、資産価値の下落リスクは小さいといえるでしょう。

リノベーションのデメリット イメージ画像

中古の戸建て住宅をリノベーションするデメリットとは

中古の戸建て住宅をリノベーションする際には、どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

入居までに時間がかかる

中古の戸建て住宅を購入してリノベーションをする場合、購入後すぐに入居することができません。設計の打ち合わせと工事で数ヶ月〜半年ほどかかり、工事完了まで入居を待つ必要があります。また、都心部では特に、中古マンションに比べて中古戸建ての物件数は多くありません。希望条件を満たす物件がなかなか見つからず、物件探しが長期化することもあるかもしれません。

費用が高額になる場合も

一般的に新築の注文住宅に比べて費用面のメリットがありますが、物件の状態やリノベーションの内容によってはそれなりの費用がかかります。屋根、外装、基礎などの補修が必要になった場合、中古マンションのリノベーションと比較して費用は高くなります。

断熱性能や耐震性が低い

古い戸建て住宅は、特に断熱性能や耐震性能を高める工事が必要な場合があります。安心安全に長く暮らせるよう建物全体の性能を高める工事が必要になることも。その場合、間取り変更などの工事費に加えて断熱リフォームや耐震補強工事などの費用がかかります。

リノベーションのデメリット イメージ画像

中古マンションをリノベーションするメリットとは

続いて、中古マンションをリノベーションする場合のメリットについて見ていきましょう。

戸建てに比べて物件価格が安い

中古マンションのリノベーションは、費用面でのメリットがあります。駅近で利便性の高いエリアで中古マンションと中古戸建てを比較した場合、中古マンションの方が安く購入できる場合が多いです。物件価格を抑えた分をリノベーション費用に充てることで、理想の住まいを実現しやすくなります。

物件の流通量が多い

一般的に中古マンションは、中古戸建てや新築マンションにと比べ流通量が多く、物件の選択肢が豊富です。そのため、希望に合う物件が見つかりやすいといえます。エリアや希望条件にもよりますが、特に都市部の中古マンション物件数は多い傾向があります。

リノベーションのデメリット イメージ画像

中古マンションをリノベーションするデメリットとは

つぎに、中古マンションを購入し、リノベーションして住む際にはどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

戸建てよりも自由度が低い

間取りや内装などをある程度自由に変えられるものの、戸建て住宅に比べ個人で判断できる範囲は狭まります。例えば、共有部分である窓サッシや玄関ドアの交換は個人の判断では行えません。マンションによっては管理規約で、フローリングの使用が禁止されていたり、フローリング材の遮音等級が定められている場合があります。

管理組合の許可を得る必要がある

マンションでは、専有部分であっても勝手に工事を行うことはできません。リノベーション工事を行う際は管理組合に図面等の資料を提出し、事前申請をおこなう必要があります。リノベーション工事は、管理組合の承認が下りてから着工する流れになります。

リノベーションのデメリット イメージ画像

リノベーションする際の注意点

戸建て住宅とマンションの両方に関して、中古購入してリノベーションする際に注意すべき点について見ていきましょう。

リノベーション一体型ローンの利用条件

中古住宅取得と同時にリノベーション工事を行う際に利用が可能な、リノベーション一体型ローン。一般的な住宅ローンと同等の金利、借入期間で利用できるもので、リノベーション工事費だけを借り入れるリフォームローンに比べて返済の負担が軽減されます。住宅取得とは異なるタイミングでリノベーション工事をおこなう場合、リノベーション一体型ローンの利用ができないため注意が必要です。

また、築年数の長い物件の場合、住宅ローン減税の対象外となることもあります。具体的には、戸建て住宅なら築年数が20年以上、マンションなら25年以上の物件です。築古の物件でも、耐震基準適合証明を受けている、既存住宅売買瑕疵保険に加入しているなどの条件によって住宅ローン控除が受けられますので、不動産会社の担当者や施工業者に相談してみてください。

追加工事が必要になることも

中古住宅のリノベーションでは、工事を開始してから追加工事が発生するケースがあります。例えば、築古物件の場合、図面が残っていなかったり、図面と実際の状態が異なるといったことがありえます。そういった場合、既存内装を解体した後に変更が必要になったり、追加工事が発生することも。設計段階で工事業者にどういった可能性があるかを確認し、追加工事が必要になった場合の概算費用を聞いておくと安心です。

将来手放す可能性を考慮する

将来引っ越す可能性がある人もいるでしょう。その場合には、売却したり賃貸に出すことになります。リノベーションにかけた費用に比例して、売却額や賃料も高くなると考え人もいるかもしれません。しかし、実際にはリノベーションにかけた費用に比例するとは限りません。こだわって個性的な間取りやデザインにしたことで、逆に買い手や借り手がつきにくくなるケースも考えられます。将来売却や賃貸に出す可能性がある場合は、需要を考慮した内装にしておくことも検討してみてください。

リノベーションのデメリット イメージ画像

まとめ

中古住宅を購入してリノベーションするメリット・デメリットについて解説しました。戸建て住宅は工事範囲や施工方法まで、自分好みにリノベーションできるのが魅力です。マンションは物件の選択肢が多く、購入費用が抑えられる点が魅力です。ただし、どちらにもデメリットもあります。それぞれのメリットやデメリットを把握したうえで、後悔のない買い方を見極めることが大切です。
▼リノベーション基礎知識
リノベーションとは? リフォームとの違い

ピックアップ記事
関連記事一覧