和室・畳の部屋をフローリングに変える方法は?費用や施工事例を紹介

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 アイキャッチ画像
リノベーション基礎知識

住宅の床を畳からフローリングに変えるご家庭が増えています。今回の記事では、畳の部屋をフローリングに変える方法やその種類、費用相場、工期をご紹介します。また、メリットやデメリット、施工事例、畳をフローリングに変える際の注意点もわかりやすく解説。「畳をフローリングに変えたい」と考えている方は、参考にしてみてください。

畳の部屋をフローリングに変える方法

畳の部屋をフローリングに変える方法は、「貼り替え(張り替え)」と「敷き替え」の2つにわかれます。それぞれの方法には、どのような特徴があるのでしょうか?「貼り替え」と「敷き替え」の概要、費用の相場、工期、メリット・デメリットをご紹介します。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 イメージ画像

畳を剥がして貼り替える方法

「貼り替え」は、もともと敷かれていた畳をすべて剥がし、下地の上からフローリングに貼り替える方法です。新しい床材を貼ることから、「新規貼り」とも呼ばれています。腕に自信のある方であればDIYで貼り替えることも可能ですが、リフォーム業者へ依頼する方が多い方法です。

費用相場

貼り替えを業者に依頼する際は、選ぶフローリングの種類や下地の修繕費によって、費用が変動します。例えば、表面をオーク素材で仕上げた「複合フローリング」を選んだ場合、一般的に費用相場は1畳あたり15,000円~35,000円ほどです。また、同じオーク素材でも1枚の天然木材で作られた「無垢フローリング」を選んだ場合、1畳あたり25,000円~45,000円ほどになります。

工期

貼り替えでは、家具の移動や畳の撤去、下地補修や敷居と床の高さ調節などの作業を行います。リフォーム業者が6畳の和室をフローリングに変える場合、問題なく作業が進めば1日ほどで施工が完了することが多いようです。

メリット

フローリングをすべて貼り替えるため、幅広い選択肢の中から好みの床材を選ぶことができます。また、下地の傷みを修復し、腐食やシロアリへの対策も可能です。さらに、下地の高さを調整できることから、自宅内の段差をなくしバリアフリーにすることもできます。

デメリット

貼り替えの場合、一般的には施工をリフォーム業者に依頼するため、どうしても費用が高くなってしまいます。DIYで貼り替えれば、材料と工具の購入程度で費用を抑えることが可能です。しかし、自分で作業を行うため、プロのリフォーム業者と比べた場合、工期や手間がかかるうえ、施工中のトラブルや失敗なども考えられます。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 イメージ画像

畳の上にフローリングを敷く方法

「敷き替え」は、畳の上にフローリング材を敷く方法です。「ウッドカーペット」「クッションフロア」などと呼ばれる床材を、畳の上から敷くだけ。業者に頼まずとも、手軽に和室を洋室調の床に変えることができます。予算をかけたくない場合や賃貸物件の模様替えなどに、適した方法といえるでしょう。

費用相場

素材、サイズ、デザインなどによって価格は異なりますが、費用を安く抑えられるところが敷き替えの大きな魅力です。たとえば、細長い木材をつなげた作りの「ウッドカーペット」は、一般的に6畳あたり18,000円~25,000円程度と言われています。また、木目が印刷された塩化ビニールなどで作られている「クッションフロア」は、6畳あたり5,000円~7,000円程度で購入できます。

工期

DIYで簡単にできる敷き替えは、工期が短くてすみます。特別な工具や接着剤、知識なども必要ありません。6畳の部屋であれば、家具の移動を入れても1~3時間ほどで作業を終えることができます。

メリット

敷き替えのメリットは費用が安価で、DIYで手軽に作業できることです。デザインや色にこだわりたい場合は、さまざまな種類があるクッションフロアがおすすめ。また、敷き替えは経年劣化による傷や汚れが気になるときや気分転換をしたいときなどに、簡単に敷き替えることが可能です。

デメリット

敷き替えの場合、畳を傷つけてしまうデメリットが考えられます。畳の上に直接フローリングを敷くと畳の通気性が悪くなるため、湿気が溜まりやすくなりカビの発生を招くことも。また、質感などの見た目や肌触りなどから、どうしても安っぽく見えてしまいます。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 イメージ画像

畳からフローリングに貼り替える場合の注意点

畳からフローリングに貼り替える際に気を付けたいポイントをご紹介します。

湿度の変化

畳は、湿気を吸う特徴がある通気性に富んだ床材です。そのため、畳からフローリングに貼り替えた場合、部屋の湿度が高くなる可能性があります。また、湿気に弱いフローリングの場合、湿度で床の一部が浮いてしまうことも。そのようなことを防ぐためにも湿気に強いフローリングを選んだり、部屋の除湿に気を配ることが大切です。

防音性の変化

フローリングは畳よりも薄いため、防音性が保てないことがあります。とくに、防音基準のあるマンションでの貼り替えには注意が必要です。マンションで畳からフローリングへの貼り替えをおこなう際は、基準を確認のうえ遮音性のあるフローリングを選択しましょう。

温度の変化

空気を含むことができる畳と違い、フローリングは気温の影響を受けやすい床材です。畳からフローリングに貼り替えた場合、足元の冷えを感じることもあるでしょう。そんなときは、ラグやカーペットを活用した防寒対策が一般的です。また、フローリングの種類によっては、床下に断熱材を入れることができるものや床暖房に適したものもあるので、検討してみてください。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 イメージ画像

和室・畳の部屋があったマンションを、フルリノベーションして洋室・フローリングに変えた施工事例5選

ここからは、和室・畳のお部屋がある中古マンションを購入して、好みに合わせてリノベーションした事例をご紹介します。洋室・フローリングがメインのオリジナル空間に生まれ変わった5つのおうちです。

お気に入りのカフェの内装と居心地のよさを自宅に

もともと3LDKだった内装を一度すべて解体し、フルリノベーションしたおうちです。大好きなカフェの内装と居心地のよさをを家に取り込んだ、センスが感じられる空間になっています。以前は6畳の和室だったスペースは、広々としたLDKに。憧れの家具職人さんに依頼したこだわりの造作家具が、このおうちならではの上質感をもたらしています。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 事例イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『センスをかけ合わせてつくった居心地のいい空間』
https://www.renoveru.jp/renovation/334

アトリエのあるファミリーのおうち

築37年・4LDKの中古物件を、2LDK+ワークスペース+パントリーにリノベーションしたおうちです。部屋づくりのコンセプトは、「暮らす人の生活リズムに沿う家」。85㎡を自然派シンプルな空間に仕上げました。LDKと低めの曲線の壁で仕切られたスペースは、家族が集うアトリエになっています。リノベーション前は畳の個室でしたが、リノベーションで家族の遊び場、学びの場に変わりました。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 事例イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『家族のアトリエから広がるコミュニティ』
https://www.renoveru.jp/renovation/317

和とモダンが共存する心地いい空間

「和モダン」をテーマにした、2LDK+書斎+ウォークインクローゼットの空間。もともと3LDKだった築23年の中古マンションを、フルリノベーションしてできあがったご夫婦のおうちです。リノベーション前は、リビングと和室で空間が小さく間仕切られていました。リノベーション後は書斎やインナーテラスもある広々としたLDKに。栗の無垢材フローリングが心地のいい空間です。リビングを取り囲むインナーテラスの一部には、ルーバーで仕切られた書斎を設置しています。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 事例イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『愛とロマンあふれる和モダンの家』
https://www.renoveru.jp/renovation/307

シェアハウス気分で暮らせるファミリーのおうち

76㎡を3LDKにフルリノベーションしたファミリーのおうちです。家族それぞれの個室を設け、ルームシェアような暮らしを楽しめる間取りになっています。床下収納付きの小上がりを設けた広いLDKは、無垢フローリングと白い塗装壁で仕上げました。リノベーション前は畳の個室で空間が区切られていたスペースです。バルコニーからの光と風が届く広々としたリビングにはハンモックを取り付け、遊び心をプラスしました。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 事例イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『一人でみんなで。シェアハウス気分で暮らす』
https://www.renoveru.jp/renovation/306

畳が敷かれていた和室とは思えない絵画のような統一感

海と山に囲まれた閑静な鎌倉エリアで、中古マンションを購入されたご夫婦。和室のある3LDKの間取りを、キッチンを中央に配した横長の2LDKにフルリノベーションされました。フローリングを貼った寝室とリビングの窓を開けると風が通り抜けるつくりになっています。建物の構造上、撤去できなかった壁はモルタル仕上げに。ダイニングから見ると、リビングの風景が額縁に入れた絵のように見える、上質空間です。

和室・畳の部屋をフローリングに変える方法 事例イメージ画像

▼このおうちの詳しい写真や間取りを見る
『料理で迎える「ウェルカム・キッチン」』
https://www.renoveru.jp/renovation/301

まとめ

畳は「貼り替え」や「敷き替え」により、フローリングに変えることができます。リフォーム業者へ依頼をしたりDIYに挑戦することで、和室を洋室に変えられます。「貼り替え」と「敷き替え」、それぞれの予算や工期、メリットやデメリット、注意点を踏まえて、理想の住まいを実現する方法を検討してみてください。

ピックアップ記事
関連記事一覧